MENU

【2024年最新】プログラミングスクールおすすめランキング13選|おすすめのプログラミング言語も比較解説

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
【2024年最新】プログラミングスクールおすすめランキング|選び方や料金を徹底比較

2024年、日本のIT業界では依然として人材不足が深刻な問題となっています。経済産業省の報告によると、2030年までに40万人以上のIT人材が不足すると予測されています。

このような背景から、高収入が期待できるエンジニアとしてのキャリアを目指す人々にとって、プログラミングスクールは大変重要な役割を果たします。

プログラミングスクールでは、最新の市場動向に基づいたカリキュラムが提供され、実務で直面する課題への対応力を身につけることができます。さらに、言語やツールの習得だけでなく、転職支援サービスを通じて、将来の職場へのスムーズな移行を支援するプログラムも多数存在します。

「プログラミングスクールは複数あるけど、どうやって選ぶべきなのか分からない」

このようにお悩みの方もたくさんいるかと思います。プログラミングスクールはたくさんの種類の中から、自分に合った1校を見極める必要があります。

そこで本記事では、プログラミングスクールおすすめランキング13選を比較・紹介していきます。
あわせておすすめする理由や選ぶ手順についても解説します。

未経験からでもエンジニアを目指せるプログラミングスクールの選び方、それぞれのスクールの特色やメリット、そして現実の職場で活かせるスキルを身につけるためのアドバイスなど、あなたのITキャリアを加速させるためのガイドとなることでしょう。

プログラミングスクール受講に迷う方や納得して選びたい方は、ぜひ参考にしていってください。

転職、副業、フリーランスを目指す方に最適なプログラミングスクールTOP3

1位:SAMURAI ENGINEER2位:NEXT Dojo3位:RUNTEQ
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)NEXT Dojoの評判・口コミは?ChatGPTが学べるプログラミングスクールRUNTEQ(ランテック)
オーダーメイドコース:
495,000円~
フリーランスコース:
594,000円~
データサイエンスコース:
594,000円~
Webデザインコース:
66,000円~
転職保証コース:
594,000円~
スタンダードプラン
440,000円
Webエンジニア転職コース:
550,000円
Webエンジニア転職プロコース:
440,000円
転職におすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
転職におすすめ
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
公式サイトでチェック公式サイトでチェック公式サイトでチェック
目次

プログラミングスクールおすすめランキング13選

プログラミングスクールおすすめランキング

ここではプログラミングスクールおすすめランキング13選をご紹介します。
それぞれの魅力や違いを比較して、興味のあるプログラミングスクールを見つけていきましょう。

ここで紹介するおすすめのプログラミングスクールは以下のランキングの通りです。

▼おすすめプログラミングスクール比較表

スクロールできます
SAMURAI ENGINEERNEXT DojoRUNTEQDMM WEBCAMPNINJA CODEウズウズカレッジデイトラテックアカデミーTECH I.S.キカガクネットビジョンアカデミーCodeCamptech boost
受講形式オンラインオンラインオンラインオンラインオンラインオンライン
(東京・大阪キャンパスあり)
オンラインオンラインオンライン、通学(愛媛・広島・名古屋・島根)オンラインオンライン、通学オンラインオンライン
コースオーダーメイドコース:
495,000円~
フリーランスコース:
594,000円~
データサイエンスコース:
594,000円~
Webデザインコース:
66,000円~
転職保証コース:
594,000円~
スタンダードプラン
440,000円
Webエンジニア転職コース:
550,000円
Webエンジニア転職プロコース:
440,000円
副業・フリーランスコース:
488,400円~
はじめてのプログラミングコース:
169,800円~
Webデザインコース:
169,800円~
エンジニア転職就業両立コース:
889,350円
案件獲得保証プラン
Web制作コース:
248,000円
Webデザインコース:
248,000円
独学プラン:
98,000円
CCNAコース:132,000円
LinuCコース:132,000円
Javaコース:264,000円
Web制作コース:
129,800円
Webアプリ開発コース:
99,800円
Webデザインコース:
119,800円
Pythonコース:
89,800円
はじめての副業コース:
207,900円~
Web制作実践コース:
495,000円
Javaコース:
174,900円~
フロントエンドコース:
174,900円~
エンジニア転職保証コース:
547,800円
長期PROスキルコース:
686,400円
短期スキルコース:
343,200円
副業コース:
457,600円
データサイエンティストコース:
987,800円
AI・データサイエンス長期コース:
792,000円
AIキャリアブートキャンプ:
無料
無料コース:
無料
オンラインコース:
無料
有料コース:
150,000円
Webサイト制作コース:
198,000円~
Webデザイン副業コース:
429,000円~
バナー制作副業コース:
198,000円~

ブーストコース:
422,400円~
入学金(税込)99,000円30,000円
219,780円
リスキリング
給付金制度の
対象
※最大70%
(56万円)の補助
対象コース多数対象対象コース多数対象コースあり対象コース多数長期PROスキルコース
データサイエン
ティストコースが対象
AI・データ
サイエンス
長期コースが対象
対象
転職サポート・500以上の求人から紹介
・書類添削企業ごとの
面接対策
・キャリア相談・自己分析
・書類作成サポート
・面接練習業界の
最新情報の提供
・ヒアリング
・自己分析書類添削
・面接対策
・企業紹介
ビジネス研修
・無期限チャットサポート
・ポートフォリオ
相談・添削
・面接対策
・履歴書
・職務経歴書の添削
・キャリアの棚卸し
・実力判定テスト
・実践課題の
フィードバック
・メンタリング 12回
(12時間)
・転職先の紹介
IT専門エージェントのサポートあり・転職に関する30以上の
カリキュラム
・面談サポート
・90日間のチャットサポート
※別途49,800円が必要
・自己分析
・書類添削
・面接対策のサポート
・全額返金保証制度あり
・ポートフォリオの添削
・キャリア相談
・求人紹介
・書類添削
・面接練習
・dodaと提携
・AI業界に精通した
キャリアアドバイザー
・マナー研修
・書類添削
・面接練習
・面接日程調整
・上京支援サポート
・就職後のヒアリング
・キャリア相談
・ポートフォリオ
フィードバック
・求人探しの手伝い
・履歴書
・ 職務経歴書添削
・模擬面接
・内定承諾相談
・離職相談等
案件獲得サポートコンペ形式で案件応募
実案件への
応募・講師サポート
ポートフォリオ作成副業の基礎知識
成功ノウハウのカリキュラム
現役技術者に質問できる
集団相談会
5万円分の案件保証
キャリアアドバイザーに
副業案件の相談
IT専門の転職エージェント・ウズウズの転職サポート3ヵ月間の徹底した
営業活動サポート
少数チームでの定期面談
※別途99,800円が必要
案件実践時に
面談とチャットでサポート
クラウドソーシングサイトの
営業方法
受講生限定の案件に応募できる
副業の基礎知識を学べる

関連会社
Midworks
から案件紹介
公式サイト詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

引用:SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

侍エンジニアはオーダーメイドカリキュラムとマンツーマン指導が魅力のプログラミングスクールです。自分のスキルレベルやキャリア目標に合わせてカリキュラムを組み、学習を進められます。特にオーダーメイドコースは、ハイレベルのスキル習得や複数スキルの掛け合わせなど自由にカリキュラムが選べます。

侍エンジニアのコース展開は全部で14種類。フリーランス、副業、AI関連、需要の高いクラウドである「AWS」を学ぶコースを含む、トレンドを抑えたコース展開となっています。加えて転職保証コースやWebデザインコースなど定番のコースもあります。どんなキャリアを目指す方にもピッタリのコースが見つかるはずです。

受講形式オンライン
コース例オーダーメイドコース:495,000円~
フリーランスコース:594,000円~
データサイエンスコース:594,000円~
Webデザインコース:66,000円~
転職保証コース:594,000円~
入学金(税込)99,000円
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コース多数
転職サポート500以上の求人から紹介エンジニア特化の書類添削企業ごとの面接対策
案件獲得サポートコンペ形式で案件応募実案件への応募・講師サポート
公式サイトhttps://www.sejuku.net/

NEXT Dojo

NEXT Dojoの評判・口コミは?ChatGPTが学べるプログラミングスクール

引用:NEXT Dojo

NEXT Dojoは、生成AIを活用した仕事を目指す方々、エンジニア転職や副業を計画している方々、短期間でシステム開発スキルを習得したい方々、そして本業と並行して新たなポテンシャルを探求したい方々に最適なカリキュラムを提供しています。このスクールでは、ChatGPTなどの先進的なAI技術を駆使し、多様なプログラミング言語の習得と実際のクライアントワークへの応用方法を学ぶことができます。

受講後のキャリアサポートも充実しており、エンジニアとしての転職や副業の道も広がっています。従来のプログラミング教育と比較して、より速く実践的なスキルが身につくのがNEXT Dojoの魅力です。新しいキャリアパスの探求に興味がある方々にとって、NEXT Dojoはとてもおすすめなプログラミングスクールです。

受講形式オンライン
コーススタンダードプラン
440,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
転職サポートキャリア相談
案件獲得サポートポートフォリオ作成
公式サイトhttps://www.next-dojo.com/

RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)

引用:RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQは「超実践型エンジニア育成スクール」を謳うプログラミングスクールです。Ruby on RailsやJavaScriptを中心に1000時間のカリキュラムをこなし、未経験から現場で活躍できるレベルを目指します。

RUNTEQはエンジニアを採用・育成し、プロダクト開発を行ってきた会社が運営しています。その知見を活かして、受講生を質の高いWebエンジニアに育ててくれます。

RUNTEQの強みは、オリジナルWebアプリ制作に力を入れていることです。アプリ作成はアイデア出しや企画から始まり、リリース・サービス運用まで経験します。過去の受講生のオリジナル作品のアイデアはとても独創的です。話題性のあるポートフォリオを武器に、就職活動で学んできた技術力をアピールしましょう。

受講形式オンライン
コースWebエンジニア転職コース:550,000円
Webエンジニア転職プロコース:440,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象
転職サポート自己分析・書類作成サポート・面接練習業界の最新情報の提供
案件獲得サポート
公式サイトhttps://runteq.jp/

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPはDMMが運営するオンラインITスクールです。過去に8,000名以上のIT人材を輩出していて、未経験からIT業界で活躍する人も多くいます。

多種多様のコースは、最短4週間から選択可能。リスキリングに関する給付金制度の対象コースが多く、手続きをすれば受講料の最大70%の補助を受けられます。コスパ良く学べる制度を利用しない手はありません。

DMM WEBCAMPには早くカリキュラムを修了した場合の返金保証制度と、受講期間の延長制度があります。実際に必要な分だけ受講料を支払うため、損することがない制度です。それぞれ4週間単位での返金・延長が可能となっています。

受講形式オンライン
コース例副業・フリーランスコース:488,400円~
はじめてのプログラミングコース:169,800円~
Webデザインコース:169,800円~
エンジニア転職就業両立コース:889,350円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コース多数
転職サポートヒアリング・自己分析書類添削・面接対策・企業紹介ビジネス研修
案件獲得サポート副業の基礎知識成功ノウハウのカリキュラム現役技術者に質問できる集団相談会
公式サイトhttps://web-camp.io/

NINJA CODE

NINJA CODE

引用:NINJA CODE

NINJA CODE(忍者コード)は未経験から稼げるクリエイターを目指すプログラミングスクールです。基礎知識の学習から、課題制作まで実践的なカリキュラムを採用しています。

現役クリエイターの講師が、チャットサポートやオンライン指導、個別キャリア相談など、Web制作者になるまで徹底的にサポートを実施します。

忍者コードの講座には学習期限がありません。永久的に教材の使用、チャットサポートの利用が可能です。自分のペースで学びたい方に適したプログラミングスクールです。

受講形式オンライン
コース例案件獲得保証プラン
Web制作コース:248,000円
Webデザインコース:248,000円
独学プラン:98,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象外
転職サポート▼転職支援プランあり
無期限チャットサポート
ポートフォリオ相談・添削
面接対策
履歴書・職務経歴書の添削
キャリアの棚卸し
実力判定テスト
実践課題のフィードバック
メンタリング 12回(12時間)
転職先の紹介
案件獲得サポート5万円分の案件保証キャリアアドバイザーに副業案件の相談
公式サイトhttps://ninjacode.work/

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジの評判・口コミはやばい?他のスクールと比較した際の魅力は?

引用:ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジをおすすめするのは、以下のような特徴がある人です。

  • 未経験からエンジニア転職を目指している
  • IT資格取得を軸に新しいキャリアを築きたい
  • プログラミングスクールの受講料が高いと悩んでいる
  • 経歴に自信がなく現状を打破したい
  • 丁寧な転職サポートを受けたい

ウズウズカレッジには、IT資格取得を軸にエンジニア転職を目指すカリキュラムとサポートが整っています。またIT専門の転職エージェントが運営するプログラミングスクールなので、転職サポートが手厚いです。

特に「新卒で入社した企業を辞めてしまった」「会社に馴染めていない」などの悩みを持つ方へのサポートを得意としています。もし経歴に自信がない方がいれば、プロの力を頼ってみてはいかがでしょうか。

受講形式オンライン(東京・大阪キャンパスあり)
コース例CCNAコース:132,000円
LinuCコース:132,000円
Javaコース:264,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助
転職サポートIT専門の転職エージェント・ウズウズの転職サポート
案件獲得サポート
公式サイトhttps://uzuz-college.jp/

デイトラ

デイトラ

引用:デイトラ

デイトラは業界最安級のWebスキル特化型プログラミングスクールです。業界最安級の料金が実現しているのは、必要なサービスのみに特化したカリキュラムであることが理由です。

デイトラでは「学んだスキルで仕事をする」という明確なゴールに向かって、最短距離で進む環境が整っています。初級・中級・上級・実践と着実に知識を積み上げていきます。

またデイトラの魅力はカリキュラムが閲覧無制限であることです。教材はWeb業界の動きに合わせて更新され、常に新しい知識を無料で学び続けられます。

無料で動画教材を公開しているので、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

受講形式オンライン
コース例Web制作コース:129,800円
Webアプリ開発コース:99,800円
Webデザインコース:119,800円
Pythonコース:89,800円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コースあり
転職サポート転職に関する30以上のカリキュラム面談サポートと90日間のチャットサポート※別途49,800円が必要
案件獲得サポート3ヵ月間の徹底した営業活動サポート少数チームでの定期面談※別途99,800円が必要
公式サイトhttps://www.daily-trial.com/

テックアカデミー

テックアカデミー

引用:テックアカデミー

テックアカデミーには、初心者でも挫折せず学べる学習システムが構築されています。テキスト形式のカリキュラムを読み込み、学習内容をアウトプットする形で課題に取り組みます。課題レビューは現役エンジニア講師が対応します。

また現役エンジニア講師は分からない点を質問すれば、数分以内に返信をくれます。オンライン学習でも、モチベーションを保ちながら学ぶことができます。

テックアカデミーはコース展開が豊富である点が魅力。多くのコースで受講期間が選べるので、プライベートや仕事との両立がしやすいです。また複数コースをセットで受講すると、お得に学べます。複数スキルを習得し、市場価値の高いエンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

受講形式オンライン
コース例はじめての副業コース:207,900円~
Web制作実践コース:495,000円
Javaコース:174,900円~
フロントエンドコース:174,900円~
エンジニア転職保証コース:547,800円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コース多数
転職サポート受講生限定の転職支援サービス自己分析・書類添削・面接対策のサポート全額返金保証制度あり
案件獲得サポート案件実践時に面談とチャットでサポート
公式サイトhttps://techacademy.jp/

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.(テックアイエス)

引用:TECH I.S.(テックアイエス)

テックアイエスは通学・オンラインの両方を提供するプログラミングスクールです。スキルを学ぶだけではなく「自立」するまで丁寧にサポートしてくれる印象があります。学習を進める中で分からない部分があると、講師が5分以内に画面を共有しながら答えてくれます。また転職や副業に成功するまでじっくりとサポートしてくれます。

中でも長期PROスキルコースは、2つの重要な経験ができるカリキュラムが魅力です。現場に近い経験ができる「チーム開発」と、転職・案件獲得に必須である「ポートフォリオの自主制作」の両方を経験できます。また転職支援は6ヶ月間、手厚いサポートを受けられます。

受講形式オンライン、通学(愛媛・広島・名古屋・島根)
コース長期PROスキルコース:686,400円
短期スキルコース:343,200円
副業コース:457,600円
データサイエンティストコース:987,800円
入学金(税込)
教育訓練給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助長期PROスキルコース、データサイエンティストコースが対象
転職サポートポートフォリオの添削キャリア相談求人紹介・書類添削・面接練習
案件獲得サポートクラウドソーシングサイトの営業方法
公式サイトhttps://techis.jp/

キカガク

キカガク

引用:キカガク

キカガクはAIスキルの習得を目指すITスクールです。AI・データサイエンス長期コースでは、週1回の学習面談とリアルタイム解説、現役講師に質問し放題の環境の中で、AIアプリを作成します。疑問点はすぐに解決できる環境なので、難易度の高いAI分野でも安心して学べます。

AI・データサイエンス長期コースの魅力は1,500以上、130時間以上の動画コンテンツを永久的に閲覧できることです。今後追加される動画に関しても無料で閲覧可能なので、必要なタイミングで最新の情報を得ることができます。

昨今、AIやデータ分析のスキルを持つ人材の需要は高まっています。求人ボックスのデータによると、データサイエンティストの平均年収は647万円と高水準。一方で日本の平均年収は443万円であるため、データサイエンティストは204万円も年収が上回っています。これから学ぶスキルを決める方には、ぜひ選択肢に入れて欲しい分野です。

参考:求人ボックス給料ナビ

受講形式オンライン
コース例AI・データサイエンス長期コース:792,000円
AIキャリアブートキャンプ:無料
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助AI・データサイエンス長期コースが対象
転職サポート人材業界大手dodaと提携AI業界に精通したキャリアアドバイザー
案件獲得サポート
公式サイトhttps://www.kikagaku.co.jp/

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

引用:ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーはネットワークエンジニアを目指すITスクールで、元々ネットワーク関連の事業を行っていた企業が運営しています。

ネットビジョンアカデミーのカリキュラムは、CCNA資格の合格を目指す内容です。授業は座学と実機を用いて実演を進める二部構成となっています。転職先で実機を使った構築に取り組めるよう、知識の定着を目指します。また資格合格率は95%以上と高い水準となっています。

多くの企業でシステム化が進んでおり、ネットワーク構築の需要は高いです。クラウド化していたり形は変わっていくと言われますが、常に一定の仕事が見込まれるでしょう。安定感のある職種に就きたい方にピッタリです。

受講形式オンライン、通学
コース例無料コース:無料
オンラインコース:無料
有料コース:150,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象外
転職サポートマナー研修書類添削・面接練習・面接日程調整上京支援サポート就職後のヒアリング
案件獲得サポート
公式サイトhttps://www.netvisionacademy.com/

CodeCamp

CodeCamp

引用:CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は累計受講者数5万人を超えるオンラインプログラミングスクールです。コードキャンプの魅力は、レッスンが朝から夜まで長時間開講していることです。

朝7時から夜11時まで受講できるので、仕事や家庭との両立がしやすいです。日々を忙しく過ごす方に適しています。

コードキャンプは「キャリアTalk」を通じて、現役デザイナーやキャリアコンサルタントにフリーランスや副業についての相談ができます。

さらにコードキャンプ限定の案件に応募できたり、副業の基礎知識が得られるカリキュラムがあったりと多方面からキャリアサポートを実施しています。

受講形式オンライン
コース例Webサイト制作コース:198,000円~
Webデザイン副業コース:429,000円~
バナー制作副業コース:198,000円~
入学金(税込)30,000円
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象外
転職サポートなし
案件獲得サポート受講生限定の案件に応募できる副業の基礎知識を学べる
公式サイトhttps://codecamp.jp/

tech boost

tech boost

引用:tech boost

tech boost(テックブースト)は、未経験者がフリーランスとして成功するためのスキルを習得できるオンラインプログラミングスクールです。このスクールでは、フリーランスとして必要な高度な技術だけでなく、転職にも強くなるカリキュラムが提供されています。

受講生は、アイデアから始めて、企画、マーケティング、開発、そしてテストに至るまで、一連のプロセスを通じてオリジナルのWebアプリケーションを自ら開発します。この経験を通じて、幅広い知識と実践的なスキルが身につきます。

さらに、Tech Boostの特長はその柔軟性にあります。受講生は自分の学びたいスキル、受講期間、メンタリングの回数を自由に選択し、自分だけのカスタマイズされた学習プランを作成できます。

自分に最適な学びを設計することで、目標達成への道をしっかりと描くことができます。このプログラムは、独立したプロフェッショナルとしてのキャリアを真剣に考える方々に最適です。

受講形式オンライン
コース例ブーストコース:422,400円~
入学金(税込)219,780円
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
対象
転職サポートキャリア相談、ポートフォリオフィードバック、求人探しの手伝い、履歴書 / 職務経歴書添削、模擬面接、内定承諾相談、離職相談等
案件獲得サポート関連会社Midworksから案件紹介
公式サイトhttps://tech-boost.jp/

無料のおすすめのプログラミングスクール

プログラミングスキルは今や必須のものとなり、その学習機会も多様化しています。しかし、学び始めるにあたってコストは大きなハードルになることがあります。

そこで、初心者から経験者まで、費用の心配なく学べる「無料プログラミングスクール」をピックアップしました。

このスクールでは、質の高い教育を無償で受けることが可能です。あなたのキャリアアップやスキルアップに最適な場所を見つけて、プログラミングの世界に飛び込みましょう。

0円スクール

0円スクール

引用:0円スクール

運営会社株式会社ブレーンナレッジシステムズ
受講可能な年齢18歳~35歳
受講期間1~3ヶ月
主な受講コース初心者コース,開発コース
受講形式教室への通学
学習できるスキルHTML/CSS,JavaScript,jQuery,Bootstrap,Java,SQL …など
公式HPhttps://zero-school.com/

0円スクール(ゼロスク)は、未経験者が最短3ヶ月でエンジニアになることを目指せる無料プログラミングスクールです。

このスクールはプログラマカレッジと同様に、就職を強制しない自由度の高さが特徴です。そのため、他の無料スクールと異なり「ほぼ確実に就職できる」とは限りませんが、自分で就職先を選びたい方には最適です。一方、就職を最優先に考える方には、他の無料スクールが適しているかもしれません。

また、0円スクールはオンライン形式ではなく、対面式の授業を提供しています。現在、教室は以下の6都市に設けられています:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡。これらの地域にお住まいで、「対面での学びを望む」という方は、ぜひ一度説明会に参加してみてください。

【0円スクールの評判・口コミ】

「英語力がなくてもプログラミングがさっぱり分からなくても大丈夫でした! 沢山悩む場面もありましたがそれ以上に達成感を感じられて、充実した日々を送ることができました。」

「短期間集中でプログラミングを学ぶことのできる数少ない場所の一つです。 しかも、和気藹々とした雰囲気の中で楽しく学べました!」

「プログラミング未経験でもたくさんの方が優しく教えてくれます! 」

引用元:0円スクール

社会人におすすめのプログラミングスクールは?

社会人におすすめのプログラミングスクールは?

プログラミングスクールを選ぶ際に最も重要なのは、自分のニーズに合った学校を選ぶことです。この選択が、あなたの学習効率や将来のキャリアに大きく影響します。

まず、自分の学習スタイルを考えてみましょう。例えば、忙しい社会人であれば、自分のペースで学べるオンラインのプログラミングスクールが適しているかもしれません。

次に、あなたが目指すキャリアや学びたい技術とスクールの教育内容が一致しているかを確認することが重要です。ウェブ開発を学びたいのであれば、その分野に特化したコースがあるスクールを選ぶと良いでしょう。また、サポート体制も大切なポイントです。

特に社会人の場合、忙しさの中で独学するのは困難なことが多いので、プロのメンターや充実したサポート体制があるスクールを選ぶと学習の質が格段に向上します。あなたに最適なプログラミングスクールを選んで、技術力を高め、キャリアをさらに発展させましょう。

社会人におすすめのプログラミングスクールは以下の記事でご紹介しています。

転職や就職におすすめのプログラミングスクールは?

転職や就職におすすめのプログラミングスクールは?

転職を目指す際には、あなたの目的に合致したプログラミングスクールを選ぶことが非常に重要です。まずは、転職先で求められる技術や職種を明確にし、それに特化したスクールを探しましょう。

例えば、ウェブ開発の職を目指すなら、その分野に特化した実践的なプログラムが提供されるスクールが理想的です。

実際の業務に即した経験を積むことは、転職成功のために不可欠です。プロジェクトベースの学習や実際の開発環境での演習を提供するスクールを選ぶことで、職場で即戦力となるスキルを身につけることができます。

また、キャリアサポートが整ったスクールを選ぶことも大切です。転職活動に役立つ履歴書の書き方や面接対策、業界の動向に関するアドバイスなど、専門的な支援が受けられるスクールは転職において大きなアドバンテージとなります。

さらに、将来のキャリアに影響を与える可能性のあるネットワークを築くために、業界関係者との交流の機会を提供するスクールの選択も重要です。同じ目標を持つ学習者や業界のプロフェッショナルとのつながりは、転職において大きな強みになるでしょう。

このように、あなたの転職目的に合ったプログラミングスクールを慎重に選ぶことで、理想の職を得るための強力なステップを踏むことができます。

転職におすすめのプログラミングスクールは以下でご紹介しています。

プログラミングスクール受講をおすすめする理由

プログラミングスクール受講をおすすめする理由

まずはプログラミングスクール受講をおすすめする理由を、以下の3点から解説します。

  1. プログラミングは将来性が高い
  2. 最短ルートで学習できる
  3. 講師のサポートが付いている

なぜおすすめなのか、独学との違いを確かめてみてください。

1.プログラミングは将来性が高い

プログラミングスキルは将来性が高いため、プロ講師から正しい指導を受ける価値があるといえるでしょう。

経済産業省のデータによると、2030年にIT人材は最大79万人不足すると言われています。ビジネスにおいてシステム化が進み、市場規模は2015年より1.325倍に増加しています。
参照元:経済産業省

つまりプログラミングやITに関する高い技術を身に付ければ、仕事に困ることはないでしょう。

2.最短ルートで学習できる

プログラミングスクールを受講すれば、最短ルートで学習できます。独学の場合、効率的に学習する方法や活用すべきカリキュラムが分からず、遠回りしてしまうことがしばしば。

プログラミングスクールでは、その道の専門家がITエンジニアへの第一歩目を踏み出せるカリキュラムを組んでいます。未経験からエンジニアになるためには、何をどうやって学ぶべきなのか向かう道を示してくれるでしょう。

3.講師のサポートが付いている

プログラミングスクールには講師の学習サポートが付いていることがほとんどです。環境構築で分からない手順や、難易度の高いカリキュラムについてアドバイスを受けながら学べます。学習中の疑問点を1つずつクリアにしながら、カリキュラムを次々と前に進めていけるでしょう。

もし独学する場合は、分からない所は自分で解決する以外方法がありません。自ら調べて解決する力は大切である一方、最初は分からない点が多すぎて挫折してしまいがちです。

プログラミング学習は90%の人が挫折すると言われる理由の1つです。

プログラミングスクール受講は無駄?現実はどうなのか

プログラミングスクール受講は無駄?現実はどうなのか

「プログラミングスクール受講は無駄」だという声もあり、受講するか迷う方がいるかもしれません。結論から言うと、決して無駄ではありません

そもそもプログラミングスクールは未経験者向けのカリキュラムが多く、既に知識がある方には物足りなく感じる可能性があります。スクールのカリキュラムが合わない方が無駄だと感じているのかもしれません。

またプログラミングスクールを受講しさえすれば、エンジニアになれるとは言えません。プログラミングスクールのカリキュラムを進めながら、自身の努力も必須となります。

つまり自分に合ったカリキュラムで前向きに努力を続ければ、新しいエンジニアのキャリアが開けるでしょう。

プログラミングスクールを選ぶ際に抑えるべきポイント

プログラミングスクールを選ぶ際に抑えるべきポイント

プログラミングスキルを身につけるために、プログラミングスクールを選ぶことは非常に重要です。しかし、数多くのスクールが存在する中で、どれを選ぶべきか迷うことも多いでしょう。ここでは、プログラミングスクールを選ぶ際に抑えるべきポイントを解説します。

コース内容とカリキュラム

まず初めに、コース内容とカリキュラムが自分の目標やスキルレベルに合っているかを確認することが大切です。以下の点に注意しましょう。

  • スキルレベルに合ったコース:初心者向けか、ある程度の経験者向けかを確認します。
  • カリキュラムの具体性:学べるプログラミング言語や技術スタックが自分の目標に合っているか確認します。
  • 実践的なプロジェクト:実際の開発プロジェクトに取り組む機会があるかどうかを確認します。

講師の質

講師の質も重要な要素です。実務経験が豊富で、教育にも精通している講師から学ぶことで、より実践的なスキルを身につけることができます。

  • 講師の経験:講師が実務経験を持っているか、教育経験が豊富かを確認します。
  • 講師とのコミュニケーション:質問しやすい環境が整っているかを確認します。

学習環境とサポート体制

学習環境とサポート体制もスクール選びの重要なポイントです。特にオンラインとオフラインの学習形式の違いを理解し、自分のライフスタイルに合った方法を選びましょう。

  • オンライン・オフラインの学習形式:自分のライフスタイルに合った形式を選びます。
  • サポート体制:学習中や卒業後のサポートが充実しているか(例えば、メンタリングや就職支援)を確認します。

受講料とコストパフォーマンス

費用対効果を考えることも忘れずに。受講料が自分の予算に合っているか、またその内容に対して適切な価格かを検討します。

  • 料金体系:受講料が自分の予算に合っているか確認します。
  • 支払い方法:分割払いの有無や返金ポリシーを確認します。

評判と口コミ

インターネット上の口コミや評判を調べることで、実際の受講生や卒業生の声を参考にすることができます。

  • 口コミや評判:インターネット上のレビューや卒業生の意見を確認します。
  • 卒業生の進路:卒業生がどのようなキャリアを歩んでいるかを調べます。

就職支援

多くのプログラミングスクールは、就職支援サービスを提供しています。これがどの程度充実しているかも重要なポイントです。

  • 就職サポートの有無:インターンシップや企業紹介などのサポートがあるか確認します。
  • 企業との連携:どのような企業と提携しているか、どの程度の就職実績があるかを確認します。

フレキシビリティ

最後に、フレキシビリティも考慮しましょう。自分のスケジュールやライフスタイルに合った学習方法を選ぶことが大切です。

  • スケジュール:フルタイムかパートタイムか、自分の生活リズムに合ったスケジュールかを確認します。
  • オンライン・オフラインの選択肢:通学かリモート学習か、自分のライフスタイルに合った学習方法を選びます。

これらのポイントを総合的に考慮し、自分の目標やライフスタイルに最適なプログラミングスクールを選びましょう。適切なスクール選びが、あなたのプログラミング学習の成功に大きく寄与するはずです。

失敗しないプログラミングスクールの選び方

失敗しないプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの選択は、将来のキャリアパスにおいて重要なステップです。

特に、就職、転職、または副業を目的としている場合、適切なスクール選びはさらに重要になります。

ここでは、目的別の選び方や、社会人が注目すべきプログラミングスクールの選択肢について詳しく解説します。

  • 就職、転職、副業など目的に合わせてプログラミングスクールを選ぼう
  • 20代・30代などの社会人におすすめのプログラミングスクールの選び方
  • 就職・転職までの職業支援サポートが付いたスクールを選ぶのがおすすめ
  • 副業なら実務体験に近いことが体験できるスクールを選ぼう

就職、転職、副業など目的に合わせてプログラミングスクールを選ぼう

プログラミングスキルは、多岐にわたる業種での就職や転職、さらには副業としても大きな価値を持っています。ただし、それぞれの目的によって求められるスキルセットは異なります。

たとえば、フルタイムでの就職を考えている方は、幅広い基礎知識と実務経験に重点を置くべきです。

一方、副業を考えている方は、特定の技術やプロジェクトに特化したスキルを学ぶことが重要になります。

それぞれの目的に応じて、カリキュラムや提供されるサポートが異なるスクールを選択することが肝心です。

20代・30代などの社会人におすすめのプログラミングスクールの選び方

社会人がプログラミングスクールを選ぶ際、重要なのはコストパフォーマンスと柔軟な学習スケジュールです。

多くの社会人にとって、時間と費用は限られています。

この点で、教育訓練給付金の活用は非常に有効です。この給付金は、特定の条件を満たす社会人がプログラミングスクールの費用を助成される制度です。

教育訓練給付金の活用で安いプログラミングスクールに通うのがおすすめ

教育訓練給付金を活用することで、費用の負担を大幅に減らしながら質の高い教育を受けることが可能です。ただし、この給付金を利用するには、一定の条件があります。

教育訓練給付金を活用するための条件
  • 対象者は、会社員として2年以上働いている在職者、または1年以内に退職した離職者です。
  • 2回目以降の受給希望者は、雇用保険に3年以上加入していることが条件です。

これらの条件を満たす社会人は、給付金を利用して低コストでプログラミングスクールに通うことができます。

そもそも教育訓練給付金とは?

教育訓練給付金は、国が提供する制度で、就職やスキルアップを目指す人々が専門的な教育を受けるための経済的支援を行います。

この制度を利用することで、多くの社会人がプログラミングの学習に取り組んでいます。

ライフスタイルに合わせて受講期間や受講形態、通学型かオンライン型かを決めよう

社会人にとっては、ライフスタイルに合わせた学習スタイルの選択が重要です。

仕事と学習のバランスを取りながら効率よく学習するために、受講期間や受講形態(通学型かオンライン型か)を検討することが不可欠です。

たとえば、忙しいビジネスマンには、自宅で学習できるオンライン型のプログラミングスクールが適している場合が多いです。

就職・転職までの職業支援サポートが付いたスクールを選ぶのがおすすめ

プログラミングスクールを選ぶ際には、就職や転職を見据えた職業支援サポートの有無も重要なポイントです。特に、キャリアチェンジを目指す場合、実務に即したスキルの習得だけでなく、就職活動のサポートやアドバイスも重要です。これには、履歴書の作成支援、面接対策、就職先の紹介などが含まれます。実務経験がない場合には、特にこのようなサポートが就職や転職成功の鍵となります。

副業なら実務体験に近いことが体験できるスクールを選ぼう

副業を目的としている場合は、実務に近い体験ができるプログラミングスクールの選択がおすすめです。ここでの重点は、実際のプロジェクトに近い環境での学習です。

実際のビジネスシーンで即戦力となるためには、プログラミングの基本スキルに加えて、プロジェクト管理やチームワークなど、実務で必要となるスキルの習得が欠かせません。

このように、プログラミングスクール選びは、個人の目的やライフスタイル、キャリアプランに密接に関連しています。適切なスクールを選ぶことで、プログラミングスキルを身につけ、キャリアの飛躍を目指しましょう。

失敗せずプログラミングスクールを選ぶ手順

失敗せずプログラミングスクールを選ぶ手順

ここからはプログラミングスクールを失敗せずに選ぶ手順を、以下の4ステップで解説します。

  1. プログラミングを独学する
  2. プログラミング学習の目的を明らかにする
  3. 複数のプログラミングスクールを比較する
  4. 無料カウンセリングを利用する

少しでも失敗のリスクを減らすために、ぜひ参考にしていってください。

1.プログラミングを独学する

プログラミングに興味がある方は、まずは無料教材で独学から始めましょう。プログラミング学習が自分に合っているのか、また興味を持って学んでいけるのかを気軽に確認しましょう。

無料教材はWeb状にある学習プラットフォーム、YouTubeの動画、図書館で借りる書籍など様々な方法があります。学習を進めてみてさらに興味が湧いた時に、少しずつお金をかけていくと失敗しません。

2.プログラミング学習の目的を明らかにする

プログラミング技術を追求するなら、学習の目的を明らかにすることが大切です。学習の目的とは「IT企業に転職したいのか」「未経験からフリーランスになりたいのか」はたまた「副業から始めてみたいのか」などが挙げられます。目標地点がはっきりしないまま学ぶと、必要なカリキュラムやサポートが分からず、途中で挫折してしまう可能性が高まります。

3.複数のプログラミングスクールを比較する

キャリア目標が明らかになれば、複数のプログラミングスクールの情報を集めて比較していきましょう。目標達成できるスクールはどこなのか、料金は妥当なのか、希望の受講期間で学べるのかなど確認すべきポイントはたくさんあります。

1校の情報だけを確認している場合、料金が高いのか安いのかも気付くことができません。

4.無料カウンセリングを利用する

キャリア目標が達成できそうなプログラミングスクールを複数ピックアップしたら、無料カウンセリングを受けてみましょう。公式サイトや口コミだけでは、自分に合ったスクールなのか気付きにくいものです。

プログラミングスクールやエンジニア転職の不安点などをカウンセラーに質問し、納得した上でプログラミングスクールに申し込みましょう。

プログラミングスクールの光と闇とは?

プログラミングスクールの光と闇とは?

プログラミングスクールは近年、技術習得のための一大トレンドとなり、多くの人々にとって魅力的な学習の場となっています。

しかし、この新しい教育の形態には、その利点と同時に様々な問題点も存在しています。

この部分では、プログラミングスクールの明るい面と暗い面について、その特徴を詳しく解説していきます。

やめとけと言われるプログラミングスクールの特徴

プログラミングスクール選びにおいて重要なのは、質の高い教育を受けられるかどうかです。

しかし、中には避けるべき特徴を持つスクールも存在します。

以下にそのようなスクールの特徴を挙げ、なぜそれらを避けるべきかを説明します。

  • メンターや講師が全然いない(自習完結型は避けよう)
  • SES系の求人ばかり紹介されるスクールはやめとけ
  • 給付金が適用されないのに高額なスクールは無駄

メンターや講師が全然いない(自習完結型は避けよう)

プログラミング学習においてメンターや講師の存在は非常に重要です。

実際のプロジェクトに即したアドバイスや、躓いた際のサポートがあるかどうかで学習の効果は大きく変わります。

自習完結型のスクールでは、このようなサポートが不足していることが多く、学習者が孤立しやすい環境となっています。

プログラミングは独学で学べる分野ではありますが、特に初学者にとっては専門家の指導が非常に有効です。

SES系の求人ばかり紹介されるスクールはやめとけ

SES(System Engineer Service)系の求人は、プロジェクトごとに異なる企業に派遣される形態の仕事です。

このような求人を主に紹介するスクールは、受講者のキャリアパスを十分にサポートしていない可能性があります。

プログラミングスキルを身につけることは、多様なキャリアの扉を開くことにつながるはずです。

そのため、将来的に安定したキャリアを築きたい方には、SES系の求人ばかりを紹介するスクールは避けた方が良いでしょう。

給付金が適用されないのに高額なスクールは無駄

教育訓練給付金の対象となるプログラミングスクールは、学費の一部が補助されるため、経済的な負担が軽減されます。

高額な学費を支払っても、それに見合う質の高い教育が得られない場合、その投資は無駄になる可能性があります。

給付金の適用外であり、かつ高額なスクールは、コストパフォーマンスが悪いと言えるでしょう。費用対効果を考慮し、賢明な選択をすることが大切です。

以上の点から、プログラミングスクール選びにおいては、メンターや講師のサポートの有無、求人の質、コストパフォーマンスを重視することが重要です。

適切なスクール選びにより、プログラミングのスキルアップとキャリア形成の双方を実現することができます。

プログラミングスクールはカモにされる?

近年、プログラミングスキルの需要の高まりと共に、多くのプログラミングスクールが登場しています。しかし、中には過大な約束をするスクールもあり、その結果「プログラミングスクールはカモにされるのではないか」という疑念が持たれることもあります。

重要なのは、実現可能な目標を設定し、現実的な期待を持つことです。すべてのスクールが高給取りの開発者へと変身させる魔法の杖ではありません。自身のキャリア目標に応じて、適切なカリキュラムとサポートを提供する信頼できるスクールを選ぶ必要があります

良質なスクールを見極めるためには、卒業生のレビューや実際の就職実績を確認することが重要です。また、カリキュラムの内容、講師の質、サポート体制など、教育の質に注目する必要があります。

さらに、プログラミングスクール選びは自己責任で行うべきです。十分なリサーチを行い、自分に合った学習環境かどうかを判断することが大切です。口コミやオンラインフォーラムでの情報も参考にすると良いでしょう。

結論として、プログラミングスクールが必ずしも「カモ」になるわけではありませんが、慎重な選択と現実的な期待を持つことが重要です。自己の目標と能力を理解し、適切なスクールを選ぶことで、キャリアアップにつなげることができるでしょう。

以下の記事でも詳しく解説しています。

プログラミングスクール卒業後の現実。すぐに職につけるのか?

プログラミングスクール卒業後すぐに職につけるのか?

プログラミングスクールの卒業後にすぐに職に就けるかどうかは、多くの要因に左右されます。

まず、スクールで学んだプログラミング言語や技術が、求められているスキルとマッチしているかが重要です。例えば、Web開発やアプリ開発など、市場での需要が高い技術を身につけていれば、就職の可能性は高まります。

また、スクールの提供する職業支援サービスの質も重要です。キャリアアドバイザーや業界の専門家からのサポートを受けることで、職探しのプロセスがスムーズになる可能性があります。

さらに、ポートフォリオの作成や実際のプロジェクト経験など、自らのスキルをアピールできる材料を用意することが求職活動において不可欠です。

ただし、全ての卒業生がすぐに職に就けるわけではありません。特に、未経験から学び始めた場合、一定の実践経験や深い知識が必要になることもあります。そのため、積極的な自己学習や実務経験の積み重ねも重要となります。

以下にそれぞれ気になる点をまとめました。

  • エンジニアの年収はどのくらい?
  • 副業の方が稼げる?
  • 理想のキャリアの進め方とは?

エンジニアの年収はどのくらい?

プログラミングスクール卒業生の年収は、さまざまな要因に依存します。

地域、業界、職種、経験年数などが主要な影響を与えます。一般的に、IT業界では初心者でも比較的高い年収が期待できる傾向にありますが、完全な未経験者がいきなり高年収を得るのは珍しいケースです。

日本では、プログラミングスキルを持つ初心者の平均年収は約300万円から500万円程度とされています。しかし、スキルや経験を積むことで、年収は大幅に上昇する可能性があります。

特に、専門的な技術や特定の分野での専門知識を持つプログラマーは、年収1000万円を超えることも珍しくありません。

副業の方が稼げる?

プログラミングのスキルは副業にも有効で、場合によっては本業以上に稼げることもあります。

フリーランスとしてのプロジェクトワーク、個人開発のアプリやサービス、オープンソースプロジェクトへの参加など、多岐にわたる方法で収入を得ることが可能です。

ただし、副業による収入は不安定であり、プロジェクトに依存するため、一定のリスクも伴います

安定した収入を望む場合は、本業としての雇用を考えるべきですが、柔軟な働き方を望む場合には、副業やフリーランスとしての活動が適しているかもしれません。

理想のキャリアの進め方とは?

理想のキャリアを築くためには、継続的な学習とスキルの向上が不可欠です。プログラミングスクールでの学びは始まりに過ぎず、業界の変化に対応し続けるためには、常に最新のトレンドや技術を学び続けることが重要です。

また、ネットワーキングの機会を積極的に利用し、業界内での人脈を築くことも大切です。コミュニティイベントやセミナーへの参加、オンラインフォーラムでの活動などを通じて、情報交換や協力関係を築くことで、新たな機会を掴むことができます。

最後に、自分の強みや興味を理解し、それに合ったキャリアパスを選択することが大切です

例えば、人と接することが得意ならプロジェクトマネージャーや教育関連の職種を、技術に深く没頭したい場合は開発者や研究者の道を選ぶなど、自己理解に基づいた選択が重要です。

おすすめのプログラミング言語は?

おすすめのプログラミング言語は?

プログラミングは今や多くの業界で必要不可欠なスキルとなっており、選ぶ言語によってキャリアの方向性が大きく変わります。しかし、数あるプログラミング言語の中から「どれを学ぶべきか?」という選択は、特に初心者にとっては圧倒されることがあります。

ここでは、幅広いアプリケーションに対応し、高い需要があるおすすめのプログラミング言語を5つ紹介します。これらの言語は、ウェブ開発からデータ分析、モバイルアプリケーション開発まで、様々な分野で活用されており、学習することでキャリアの可能性を広げることができます。

それぞれの言語の特徴、開発可能なサービス、市場での需要、そして見込まれる年収についても詳しく説明していきますので、自分に合ったプログラミング言語を見つける参考にしてください。

Python:初心者から研究者まで幅広く支持される汎用言語

Pythonはその読みやすさと書きやすさで知られており、プログラミング初心者にも非常に人気があります。多様なライブラリが豊富に用意されているため、データ分析、機械学習、ウェブ開発、自動化など、幅広い分野で活用できます。また、Google, Netflix, Spotifyといった大企業でも広く使用されており、その需要は高いままです。

Pythonの特徴

項目説明
開発可能なサービスデータ分析、ウェブ開発、機械学習
難易度初心者向け
需要の高さ非常に高い
年収目安約500万円~1200万円

JavaScript:動的なウェブ体験を実現するクライアントサイド言語

JavaScriptは、ウェブページに動的な要素を加えるために広く使用されている言語です。この言語は、リアルタイムのウェブアプリケーション、インタラクティブなウェブサイト、そしてフロントエンドとバックエンドの両方での開発に適しています。Google, Facebook, Twitterなどの大手テクノロジー企業が採用しており、フロントエンド開発者にとっては必須のスキルとされています。

JavaScriptの特徴

項目説明
開発可能なサービスインタラクティブなウェブサイト、リアルタイムウェブアプリ
難易度中級者向け
需要の高さ高い
年収目安約600万円~1500万円

Ruby:高い生産性を誇るクリーンな文法のスクリプト言語

Rubyはその人間に理解しやすい構文と強力なフレームワークであるRailsのおかげで、特にスタートアップ企業に人気の言語です。高い生産性と開発のスピードを可能にするため、多くのウェブアプリケーションで選ばれています。

Rubyの特徴

項目説明
開発可能なサービスカスタマイズ性の高いウェブアプリケーション
難易度初心者〜中級者向け
需要の高さ中程度
年収目安約600万円~1100万円

PHP:ウェブ開発に特化したサーバーサイド言語

PHPはウェブサイトのサーバーサイドスクリプトで広く利用されています。WordPressなどのコンテンツ管理システム(CMS)や多くのウェブフレームワークにも採用されており、ウェブ開発の分野では不可欠な存在です。

PHPの特徴

項目説明
開発可能なサービスウェブサイト、CMSカスタマイズ
難易度初心者向け
需要の高さ高い
年収目安約500万円~1000万円

Swift:Appleのエコシステムで必須のモダンなプログラミング言語

SwiftはAppleの最新OSであるiOS、macOS、watchOS、tvOSの開発に使用されています。そのパフォーマンスの高さと安全性の強化により、iOSアプリ開発者には必須の言語となっています。

Swiftの特徴

項目説明
開発可能なサービスiOSアプリ、macOSアプリ
難易度中級者向け
需要の高さ非常に高い
年収目安約600万円~1500万円

Java:大企業での採用率が高い信頼のオブジェクト指向言語

Javaは、ポータビリティが高く、プラットフォームに依存しない特性があります。これにより、エンタープライズレベルのシステム、Androidアプリケーション、ウェブサーバーなど幅広い開発に利用されています。安定したパフォーマンスと大規模なコミュニティのサポートが魅力です。

Javaの特徴

項目説明
開発可能なサービスエンタープライズシステム、Androidアプリ
難易度中級者向け
需要の高さ非常に高い
年収目安約600万円~1500万円

HTML & CSS:ウェブページの構造とスタイルを定義する基本技術

HTMLとCSSは、ウェブページの骨組みを構築し、デザインを適用するための基本的な技術です。どのウェブ開発者にとっても必須のスキルであり、初心者にとって学びやすい入門言語でもあります。

HTML & CSSの特徴

項目説明
開発可能なサービスウェブサイトのフロントエンド開発
難易度初心者向け
需要の高さ高い
年収目安約400万円~800万円

Kotlin:Android開発の効率を高めるモダンな言語

Kotlinは、Javaの代替言語としてGoogleにより推奨されており、特にAndroidアプリ開発においては、Javaよりも簡潔で読みやすいコードを可能にします。その安全性と効率の良さから、多くの開発者に支持されています。

Kotlinの特徴

項目説明
開発可能なサービスAndroidアプリ、サーバーサイドアプリ
難易度中級者向け
需要の高さ高い
年収目安約600万円~1300万円

プログラミング学習がおすすめな理由

プログラミング学習がおすすめな理由

現代社会において、プログラミングはもはや特別なスキルではなく、多くの人にとって必要な能力となっています。

デジタル化が進む世界では、プログラミングが様々な分野で活用されており、これを学ぶことで新たなキャリアの扉を開くことができます

プログラミングを学ぶことのメリットは多岐にわたり、地理的な自由、経済的な安定、多様なキャリアチャンスを提供します。

ここでは、プログラミング学習がなぜ多くの人におすすめされるのか、その具体的な理由を詳しく解説していきます。

  • ①場所を選ばず自由に仕事ができる
  • ②半永久的に稼いでいけるスキル
  • ③地方にいながら都会の会社への就職・転職が可能
  • ④エンジニアの平均年収は高い

①場所を選ばず自由に仕事ができる

プログラミングは、インターネット環境があればどこでも仕事ができるという大きな利点があります。特にリモートワークの普及により、この特性が強調されています。

プログラマーやデベロッパーは、カフェや自宅、海外など、好きな場所で作業が可能です。この地理的な自由は、ワークライフバランスの向上や、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方を可能にします。

また、フリーランスとして働くチャンスも多く、多様なプロジェクトに参加することで、スキルの幅を広げることができます。場所を選ばない働き方は、時間的な制約からも解放され、効率的なスケジューリングが可能です。このように、プログラミングは、自由度の高いキャリアを実現するための鍵となります。

②半永久的に稼いでいけるスキル

プログラミングスキルは、需要が尽きることのない半永久的なスキルと言えます。テクノロジーの進化に伴い、プログラミングはさまざまな分野で必要とされ、その需要は増す一方です。特に、AI、データサイエンス、ウェブ開発などの分野では、プログラミングスキルは極めて重要です。

また、プログラミングは、学び続けることでスキルを更新していける分野です。新しい技術や言語が絶えず登場するため、常に最新の知識を身につけることが可能です。このため、プログラミングスキルは時代遅れになりにくく、長期的に安定したキャリアを築くことができます。

③地方にいながら都会の会社への就職・転職が可能

プログラミングスキルを持っていれば、地方に住みながらも東京などの都会の会社に就職や転職を目指すことができます。これは、プログラミングがリモートワークに非常に適しているためです。

多くのIT企業では、リモートワークを前提とした採用を行っており、居住地に関係なく高度な技術力を持つ人材を求めています。

地方にいながら都会の企業で働くことで、生活コストの削減や、自然環境の中での快適な生活といったメリットを享受することが可能です。また、多様な地域のプロジェクトに参加することで、視野を広げることもできます。

④エンジニアの平均年収は高い

プログラミングスキルを持つエンジニアの平均年収は、他の職業に比べて高い傾向にあります。特に経験を積み、専門性を高めることで、より高い報酬を得ることが可能です。

また、フリーランスとして独立することで、プロジェクトごとに高額な報酬を獲得することもできます。

この高い年収は、プログラミングスキルが多くの産業で重要とされ、その専門性が高く評価されるためです。安定した需要と高度な専門性は、プログラミング学習を推奨する重要な理由の一つです。

プログラミングスクールのよくある質問

プログラミングスクールのよくある質問

現代のビジネスシーンで欠かせないスキルとなったプログラミング。それを学ぶ場として注目されているのがプログラミングスクールです。

ここでは、プログラミングスクールに関するよくある質問について、具体的に解説します。

入門者から経験者まで、プログラミングスクールへの関心が高まっている中、皆さんの疑問に答えることで、プログラミングスキル習得の一助となれば幸いです。

プログラミングスクールに通うのに必要な事前知識はありますか?

プログラミング初学者でも安心して通える設計のスクールが多く、基本的なパソコン操作ができれば、特別な事前知識は必要ありません。

プログラミングの基礎から学べるカリキュラムが一般的ですが、事前に基本的な用語や概念を学んでおくと、学習効果が高まる可能性があります。

プログラミングスクールの選び方にはどのようなポイントがありますか?

プログラミングスクール選びの最大のポイントは、個人の目標や学習スタイルに合わせることです。

キャリアアップを目指すなら、実践的なスキルを提供し、就職・転職サポートが充実しているスクールが適しています。

また、生活スタイルに合わせた選択も重要で、忙しい方にはフレキシブルなスケジュールを提供するオンラインスクールが最適です。

プログラミングスクールの受講期間はどのくらいが一般的ですか?

プログラミングスクールの受講期間は、一般的に3ヶ月から1年とされていますが、スクールやコースによって異なります。

目的に応じて短期集中型のコースや、より長期にわたる深い学習が可能なコースなどがあります。

オンラインプログラミングスクールと通学型のスクールの違いは何ですか?

オンラインスクールの最大の利点は、時間や場所に縛られずに学習できる点です。

一方で、通学型スクールは直接講師からのフィードバックや同じ目的を持つ仲間との交流の機会があります。

プログラミングスクールに通うことで実際に職に就くことができますか?

はい、多くのスクールでは、学習を通じて必要なスキルを習得できるため、IT業界への就職や転職が可能です。

特に就職支援が充実しているスクールを選ぶことで、効率的なキャリア形成を期待できます。

プログラミングスクールの費用はどの程度かかりますか?

プログラミングスクールの費用は、提供されるコース内容や期間によって大きく異なりますが、一般的には数十万円から数百万円程度です。

高額なスクールほど、充実したカリキュラムや就職支援サービスを提供していることが多いです。

初心者や未経験者でもプログラミングスクールについていけますか?

はい、初心者や未経験者向けに設計されたコースが多く存在します。

基礎から応用まで段階的に学べるようになっており、個々のペースに合わせて学習を進めることができます。

プログラミングスクールで学べる言語や技術は何ですか?

多くのプログラミングスクールでは、Web開発に重点を置いており、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本技術から、ReactやVue.jsなどの最新のフレームワーク、さらにはPythonやJavaなど幅広い言語の習得が可能です。

プログラミングスクールの卒業後のサポートはどのようなものがありますか?

卒業後のサポートは、就職支援、メンタリングサービス、ポートフォリオ作成の支援などが一般的です。

また、卒業生ネットワークを通じて、キャリアアップの機会も提供されます。

プログラミングスクールの受講は転職にどのように役立ちますか?

プログラミングスクールの受講は、IT業界への転職に大いに役立ちます。

実践的なスキルとプロジェクト経験を通して、即戦力として企業にアピールできるため、転職市場での競争力が高まります。

【まとめ】目的に合ったおすすめのプログラミングスクールを選ぼう!

まとめ

プログラミング知識を習得して理想のキャリアを目指すためには、学習目的に合ったおすすめの1校を選ぶことが大切です。

まずは各プログラミングスクールの無料体験や無料教材などで、様々なプログラミング言語に触れてみて自分に合うスクールを探してみてはいかがでしょうか。

この記事をよく読んで、自分にぴったりのプログラミングスクールを見つけましょう。

\おすすめのプログラミングスクール/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次