MENU

フリーランスにおすすめのプログラミングスクール8校を厳選!

フリーランスにおすすめのプログラミングスクール8校を厳選!

プログラミングスクールの受講を検討する方は「フリーランスは目指せるものなのか」と悩んでいるかもしれません。

総務省によると、2022年10月時点でのフリーランス・副業の人口は257万4千人。
自由な働き方を望む方が増える昨今、フリーランスや副業で働く環境は整ってきています。
プログラミングスクールに関しても、フリーランス向けのカリキュラムは増加しています。

参考:総務省

そこで本記事ではフリーランスにおすすめのプログラミングスクール8校を中心に、スクールを選ぶポイントや、スクール卒業後にフリーランスになれるのかなどを整理していきます。

フリーランスの働き方に興味がある方は、ぜひ参考にしていってください。

転職、副業、フリーランスを目指す方に最適なプログラミングスクールTOP3

1位:SAMURAI ENGINEER2位:NEXT Dojo3位:RUNTEQ
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)NEXT Dojoの評判・口コミは?ChatGPTが学べるプログラミングスクールRUNTEQ(ランテック)
オーダーメイドコース:
495,000円~
フリーランスコース:
594,000円~
データサイエンスコース:
594,000円~
Webデザインコース:
66,000円~
転職保証コース:
594,000円~
スタンダードプラン
440,000円
Webエンジニア転職コース:
550,000円
Webエンジニア転職プロコース:
440,000円
転職におすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
転職におすすめ
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
公式サイトでチェック公式サイトでチェック公式サイトでチェック
目次

フリーランス向けのプログラミングスクールを選ぶポイント

フリーランス向けのプログラミングスクールを選ぶポイント

フリーランス向けのプログラミングスクールは、複数展開されているため「どんな所を重視して選べば良いのだろう」と迷っていませんか。

ここからはフリーランス向けのプログラミングスクールを選ぶポイントを、以下の3点から解説します。

  • フリーランス向けのコースがあるのか
  • 習得したいスキルが学べるのか
  • 案件獲得のサポートが付いているのか

スクール選びの参考に、ぜひご一読ください。

フリーランス向けのコースがあるのか

プログラミングスクールを選ぶ際、フリーランス向けのコースがあるのか確認しましょう。

フリーランス向けのカリキュラムは、1人でエンジニアやWebデザイナーとして稼いでいくためのスキルを習得する環境が整っています。キャリア目標がフリーランスなのか転職なのかで、カリキュラムが異なるでしょう。

そしてスクールのカリキュラムによって、フリーランス・副業の目標地点も異なります。月5万円の副業案件を獲得したいのか、はたまた即戦力の高単価フリーランスを目指したいのか

まずはキャリア目標を明確にした後に、プログラミングスクールを選ぶことが正しい手順です。

習得したいスキルが学べるのか

フリーランス向けのプログラミングスクールを選ぶ際、習得したいスキルが学べるのか確認しましょう。「フリーランスが目指せるコース」と一口に言っても、学ぶプログラミング言語やスキルは大きく異なります。

Webアプリケーション開発を行うスクールがあれば、Webデザインを学ぶスクールもあります。さらにWebデザインといっても、制作物はWebサイト、LP、バナー、ロゴなどがあり、スキルの幅が広いです。

色んなスキル習得を試してみて、どこを目指したいのか固めてみましょう。もし悩んで決められない場合、スクールの無料カウンセリングでプロに相談してみるのもひとつの手です。

案件獲得のサポートが付いているのか

フリーランス向けのプログラミングスクールを選ぶ際、案件獲得のサポートが付いているのか確認しておきましょう。

企業へ営業する流れやクラウドソーシングの活用方法を事前に学べると、スクール卒業後にすぐに実践に取り掛かることができます。

さらにカリキュラム内で実案件の経験が積めるスクールがあります。プロ講師のサポートを受けながら、エンジニア・デザイナーとしての第一歩が踏み出せる環境です。未経験者にとって実案件の経験が積めるのは心強いです。

フリーランスにおすすめのプログラミングスクール8校

フリーランスにおすすめのプログラミングスクール8校

ここからはフリーランスにおすすめのプログラミングスクールを8校紹介していきます。

それぞれのスクールの違いを見極めて、自分に合う1校を見つけていきましょう。

ここで紹介するフリーランスにおすすめのプログラミングスクールは以下のランキングの通りです。

1位 NINJA CODE

NINJA CODE

NINJA CODE(忍者コード)は未経験から稼げるクリエイターを目指すプログラミングスクールです。基礎知識の学習から、課題制作まで実践的なカリキュラムを採用しています。

現役クリエイターの講師が、チャットサポートやオンライン指導、個別キャリア相談など、Web制作者になるまで徹底的にサポートを実施します。

忍者コードの講座には学習期限がありません。永久的に教材の使用、チャットサポートの利用が可能です。自分のペースで学びたい方に適したプログラミングスクールです。

フリーランス向けコース例案件獲得保証プラン
Web制作コース:248,000円
Webデザインコース:248,000円
独学プラン:98,000円
カリキュラム内容Web制作(Webアプリケーション開発、WordPress)
Webデザイン(バナー広告、LP制作)
スクールの強み永久的にチャットサポートが利用可能受講料を抑えている
案件獲得サポート5万円分の案件保証キャリアアドバイザーに副業案件の相談
リスキリング給付金制度対象外
公式サイトhttps://ninjacode.work/

受講期間に期限がなかったので、いつでも好きな時にできるのは自分のスタイルに合ってると思ってやり始めました。ですが…今度はその油断から、学習ペースにムラができてしまって、今日は疲れたから明日で良いかーの悪い癖が出てしまい、プログラムを終えるのに半年くらいかかってしまいました。

ある程度自分のモチベのコントロールと、誘惑に打ち勝つ精神がある人じゃないと、短期間で勉強を終えることは難しいと思った。

引用:みん評

受講期間が無制限であるため、学習を後ろ倒しにしてしまうと口コミが上がっています。

受講期間が定まっていることで、ある程度強制力が働くという考え方もあるかもしれません。

自分の性格を踏まえた上で、受講を検討してみてください。

2位 デイトラ

デイトラ

デイトラは業界最安級のWebスキル特化型オンラインスクールです。

どのコースも「学んだスキルで仕事をする」という明確な目標に向けて、カリキュラムや学習環境が整っています。動画形式の教材と実践重視のカリキュラムなので、初心者でもスキルが定着しやすい点が魅力です。

デイトラを受講するメリットは、受講期間修了後に1年間のサポートが付いていることです。仕事や家庭と両立して学ぶ方は、決められた期間で学び切れるとは限りません。ライフスタイルに合わせて学習を続けられるので安心です。

デイトラは公式サイトで、コースごとに無料体験動画を公開しています。
少しでも興味のある方は、ぜひ教材を試してみてはいかがでしょうか。

フリーランス向けコース例Web制作コース:129,800円
Webアプリ開発コース:99,800円
Webデザインコース:119,800円
カリキュラム内容各コース初級編から実践重視
スクールの強み受講料を抑えているサポート期間が1年以上
案件獲得サポートフリーランス独立サポートあり
営業支援コースの展開あり(有料)
リスキリング給付金制度対象
公式サイトhttps://www.daily-trial.com/

スクールに行かず、独学とオンライン学習で2件の案件獲得、13万円の受注ができました。これから学習を始める方々の参考になれば嬉しいです。

案件獲得までにたくさんアドバイスを頂いたので、#デイトラ独立サポート にとても感謝してます。

引用:X

デイトラで案件受注した方の口コミです。

ここで利用しているデイトラの「フリーランス独立サポート」とは、フリーランスを目指す方を30日間オンラインでサポートするサービスです。

チャットへのサポートや、自己紹介文・提案文の添削など具体的に支援を実施しています。

3位 tech boost

tech boost

tech boost(テックブースト)は未経験からフリーランスを目指せるオンラインプログラミングスクールです。カリキュラムはフリーランスレベルの高いスキル習得を目指し、フリーランスも転職も目指せる内容となっています。

カリキュラムでは完全オリジナルのWebアプリケーション開発を行います。アイデア出し、企画、マーケティング、開発、テストと0からアプリケーション開発を行うので、幅広く高いスキルが身に着けられます。

またコースをカスタマイズできる点が魅力で、習得スキル、受講期間、メンタリングの回数を選択可能です。自分にピッタリのカリキュラムが実現します。

フリーランス向けコース例ブーストコース:422,400円~
カリキュラム内容Webアプリケーション開発
スクールの強み高いスキル習得しキャリアの選択肢を得る
案件獲得サポート関連会社Midworksから案件紹介
リスキリング給付金制度対象
公式サイトhttps://tech-boost.jp/

オンラインでも受講可能となっていたおかげで普段仕事が忙しくて通うことが難しい私でも手軽に続けることができましたし、質問も随時対応してもらえたのでわからない部分をその場で解決することができたのは良かったです。しかもプロのカウンセラーの方に必要な講義内容やカリキュラムを提案してもらえるため、何から勉強を始めればいいのかわからなかった私も安心でした。

引用:みん評

プロのカウンセラーが講義内容やカリキュラムの提案をしてくれるので、初心者にも安心だと口コミが上がっています。

テックブーストは上級者向けのプログラミングスクールと思っていたという口コミが多いですが、未経験者にもおすすめできるスクールです。

4位 SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)はオーダーメイドカリキュラムの使用とマンツーマン指導を実施しているので、一人ひとりの目標に合わせた指導が実現します。

侍エンジニアのフリーランスコースでは「案件トライアル」を実施しています。提携企業からの業務依頼にコンペ形式で応募し、最も優れた作品を採用する形式です。企業に求められる制作について、実体験を通じて学んでいきます。

さらに学習1ヶ月目から実際の案件応募に挑戦します。講師と共に案件獲得から納品までを経験し、現場での即戦力を目指します。

フリーランス向けコース例フリーランスコース:693,000円~
カリキュラム内容プログラミング基礎や制作ツールの使い方を学ぶ
(基本的にオーダーメイド)
スクールの強みオーダーメイドのカリキュラムを使用
案件獲得サポートコンペ形式の「案件トライアル」
講師のサポートを受けながら実案件を経験
リスキリング給付金制度対象
公式サイトhttps://www.sejuku.net/

フリーランスコースの24週を受講しておりました。

確かに他のスクールより高い受講料でしたが、マンツーマン指導だけではなく、コーチングや、卒業生メンター面談などの手厚いサポートがあり、そのおかげでスキルが身についたと思います。

ただ、講師の方と相性が合わないと学習成果にかなり影響すると思うので、無理だなと思ったら早めに講師の交代をお願いしたほうが良いです。自分は2人目の講師の方に自分の意思をくみ取ってもらい、丁寧に指導していただいたのが良かったです。

引用:GoogleMap

侍エンジニアはマンツーマン指導、コーチング、卒業生のメンターとの面談と手厚いサポートが魅力だと口コミが上がっています。

マンツーマン授業の場合、講師との相性が学習の成果を左右します。

講師と合わない場合、早めに変更を打診することをおすすめします。

5位 COACHTECH

COACHTECH

COACHTECH(コーチテック)には、未経験から即戦力のフリーランスエンジニアを目指せる環境があります。

コーチテックの特徴は、案件保証が付いていることです。カリキュラムで身に着けたWebアプリケーション開発の技術を用いて、エンジニアと共に実案件の開発を行います。

その内容は、要件定義から納品までクライアントとコミュニケーションを取りながら開発を進めていくものです。未経験者にとって実案件の経験を積めることは、次の仕事に進む上で大きな1歩となります。

またコーチテックでは模擬案件開発を行います。専属コーチと週次開発ミーティングを行いながら、開発の一連の流れを経験します。実践の機会が多いカリキュラムで確実にスキル習得を目指します。

フリーランス向けコース例3ヶ月プラン:429,000円
6ヶ月プラン:660,000円
カリキュラム内容Webアプリケーション開発
(フロントエンド、データベース、バックエンド)
スクールの強み即戦力フリーランスエンジニアを目指せる
案件獲得サポート案件保証(エンジニアと共に実案件開発)
模擬案件開発を実施
リスキリング給付金制度対象外
公式サイトhttps://coachtech.site/

コーチとの7回目のミーティング。仕事がたてこんできたので、ちょっと勉強が遅れがちでしたが、ララベルに突入♪楽しみながら、続けられるのが長続きできるポイントかな?って思います♪
ER図など設計図をつくったり、かなり幅広く学べるのも嬉しい。
#コーチテック

引用:X

コーチテックは講師と週1回の面談があります。

定期的に面談を行い学習進捗の確認や学習内容の質問などを行なうので、オンラインでも気を引き締めながら学べます。

6位 CodeCamp

CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)は累計受講者数5万人を超えるオンラインプログラミングスクールです。コードキャンプの魅力は、レッスンが朝から夜まで長時間開講していることです。

朝7時から夜11時まで受講できるので、仕事や家庭との両立がしやすいです。日々を忙しく過ごす方に適しています。

コードキャンプは「キャリアTalk」を通じて、現役デザイナーやキャリアコンサルタントにフリーランスや副業についての相談ができます。

さらにコードキャンプ限定の案件に応募できたり、副業の基礎知識が得られるカリキュラムがあったりと多方面からキャリアサポートを実施しています。

フリーランス向けコース例Webサイト制作コース:198,000円~
Webデザイン副業コース:429,000円~
バナー制作副業コース:198,000円~
カリキュラム内容現役講師のレッスン、添削実践重視のカリキュラム
スクールの強みレッスンは7時から23時まで受講できる
カリキュラムは300社以上の企業研修に活用
案件獲得サポート受講生限定の案件に応募できる副業の基礎知識を学べる
リスキリング給付金制度対象外
公式サイトhttps://codecamp.jp/

先生はどの方も親切で、未経験の私でも丁寧に指導していただけたとおもいます。教科書を学習し終えたあとは、クラウドソーシングで案件を取る方法やポートフォリオの作成の相談に乗ってもらいました。

今は未経験から転職してWebデザイナーのお仕事をさせてもらっています。受講料は高額ですが、デザイナーの方から直接教わることができたので値段相応だと思います。

引用:みん評

学習を終えた後に、クラウドソーシングサイトで案件を取る方法やポートフォリオの作成について相談に乗ってもらったと口コミが上がっています。

コードキャンプの講師は、業界トップクラスの現役エンジニア講師が揃っています。

質の高い講師からマンツーマン指導を受けられる環境はとても心強いです。

7位 TechAcademy

テックアカデミー

TechAcademy(テックアカデミー)は累計3万人の受講実績があるプログラミングスクールです。コース展開が豊富で習得スキルや受講期間、キャリア目標から選べるので、自分に合ったカリキュラムが見つけやすいです。またほとんどのコースで、学生の受講料が抑えられている点も魅力です。

テックアカデミーには副業案件を紹介するサポートが付いています。卒業生限定の「テックアカデミーワークス」を活用すれば、1ヶ月以内に案件を紹介してくれます。講師が納品までサポートしてくれるので、実務の1歩目を踏み出すのにピッタリです。

フリーランス向けコース例はじめての副業コース:372,900円~
Web制作実践:495,000円
WordPress:218,900円~
カリキュラム内容はじめての副業コース:Webサイト制作
WordPress:オリジナルテーマの開発
スクールの強み週2回のメンタリング、チャットサポートの質が高いコース展開が多様
案件獲得サポート案件サポートが付くコースがある
講師と共に案件の経験ができる
リスキリング給付金制度対象
公式サイトhttps://techacademy.jp/

直接のメンタリングに加え、スラックから質問できるサポートも良かったです。まずは自ら調べることで自走できるようにとの方針なので、課題で頭を抱えることもありましたが、どこまで自分が調べ理解しているかを伝えることで、次にどうすれば良いかを教えて下さいます。できたポイントは讃えてくれて、励みになりました。皆さん、丁寧な対応でした。

引用:GoogleMap

チャットサポートでの講師の対応が丁寧だと口コミが上がっています。

ただ答えを教えるだけでなく、自走力を身に着けるために指導してくれるようです。

講師は採用率10%の現役クリエイターなので質が高いです。

8位 TECH I.S.

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.(テックアイエス)は、コースによってチーム開発と個人開発の両方が経験できます。チーム開発で現場に近い経験を積み、個人開発でポートフォリオ制作を行います。エンジニアを目指す上で、2つの必要な経験が積める点が魅力です。

またテックアイエスは、学習サポートが充実している点が魅力です。学習の中で疑問点を質問する際、5分以内に画面を共有しながら回答してくれます。講師と一緒に問題解決方法を導き出します。

またテックアイエスはキャリアサポートも充実しています。長期PROスキルコースはキャリアサポート期間として6ヶ月間も設けています。キャリアチェンジが成功するまで、専門のスタッフが丁寧にサポートしてくれるでしょう。

フリーランス向けコース例長期PROスキルコース:686,400円副業コース:457,600円
カリキュラム内容Web開発(フロント、バックエンド、チーム開発)
スクールの強みキャリアサポート期間が長い通学・オンラインから選べる
案件獲得サポートクラウドソーシングサイトの活用方法、営業の仕方などを指導
リスキリング給付金制度対象
公式サイトhttps://techis.jp/

スタッフさんや講師陣も親切にいつも対応してくれるのでわからない所が直接聞けます。

プログラミング系のスクールは完全オンラインが多いですが、こちらのスクールはオフラインの催しも定期的に開催しています。

オンライン、オフラインともに卒業後も参加できるイベントも多く、スクールを卒業しても勉強するモチベーションに役立つのでおすすめです。

引用:GoogleMap

テックアイエスでは定期的にイベントを開催しています。

卒業後も参加できるので、引き続き学習モチベーションを保つことに役立ちます。

プログラミングスクール卒業後フリーランスになれない?

プログラミングスクール卒業後フリーランスになれない?

「プログラミングスクールを卒業してもフリーランスになれない」という声を耳にしたことがあるかもしれません。

これは本当なのか、詳しく整理していきましょう。

  • フリーランスになれないと言われる理由
  • フリーランスになるメリット
  • フリーランスになるデメリット

フリーランスになれないと言われる理由

プログラミングスクールを卒業してもフリーランスになれないと言われる理由は「実績もスキルも十分ではない」からでしょう。卒業後すぐは実績がほとんどなく、月収にもつながっていないかもしれません。

ただ最初は報酬が低くても、ひとつずつ実績を積み重ねていけばフリーランスとして活躍することが可能です。

案件の実績や営業スキルの習得、人脈獲得など徐々に色々な物を得られます。焦らず1歩ずつ知識を吸収し、経験を積んでいくことが大切です。

フリーランスになるメリット

フリーランスになるメリットは、以下が一例です。

  • 自由に時間を使える
  • 仕事を選べる
  • 高い報酬を得られる可能性がある

フリーランスになると、家庭の都合や体調にあわせて仕事ができるようになります。仕事なのか家庭なのか、優先順位を付けるのは自分自身です。

また高いスキルが身に付けば、仕事内容を選ぶことも可能となります。最初は色々な仕事を受けながら徐々に、自分が挑戦したいものや得意なもの、報酬の高いものに絞ることができます。

フリーランスになるデメリット

続いてフリーランスになるデメリットは以下の通りです。

  • 事務作業を1人で行う
  • 案件の営業活動が必要
  • 常に勉強を続ける必要がある

フリーランスは確定申告や営業活動に費やす時間が、意外に多いです。どんなに仕事が忙しくても、並行して事務作業やクライアントとのやり取りを行う必要があるのです。

また企業勤めとは違い、自ら新しい情報を取り入れ続けなければなりません。意識的に勉強し続ける必要があります。

フリーランスとして独立する時に必要な知識

フリーランスとして独立する際、エンジニアやデザイナーとしての技術以外に必要な知識があります。例えば以下のような知識を要します。

  • 開業
  • 経費計上・確定申告
  • 営業方法
  • クラウドソーシングサイトの活用方法
  • 社会保険

独立する時に慌てて知識習得するのではなく、事前に少しずつ勉強しておいても良いのではないでしょうか。

まとめ:フリーランス向けのプログラミングスクールは高いスキルを習得できる!

まとめ

フリーランスにおすすめのプログラミングスクールは、キャリア目標や予算によって異なります。

まずはフリーランスとしてどんな働き方がしたいのか、どんなスキルを習得したいのかを見極めて、自分に合った1校を見つけましょう。

無料カウンセリングや無料体験カリキュラムを利用して、複数のプログラミングスクールを比較してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次