MENU

プログラミングスクールでカモにされる人の特徴5選と注意点5つを徹底解説!

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
【2024年最新版】プログラミングスクールの受講者はカモ? 失敗しない選び方を解説

2024年、プログラミングスキルは多くの職業で必須とされ、その学習方法としてプログラミングスクールが大きな注目を集めています。

しかし、「プログラミングスクール受講生はカモにされている」との声も多く聞かれます。 では、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、プログラミングスクールで成功するための鍵となる要素と、失敗しないスクールの選び方を詳しく解説します。

多くの受講生が陥る「受け身の学習姿勢」と「スクールの質の低さ」という落とし穴に注目し、それを避ける方法を具体的にご紹介します。

また、選ぶべきスクールの5つの特徴や、注意点、賢い選び方についても深掘りします。

本記事を読めば、高い投資を行う前に自身にとって最適なプログラミングスクールを見極めることができ、キャリアアップにつながる賢い選択が可能になるでしょう。

▼プログラミングスクールでカモになりやすい人の特徴

  1. 業界や仕事の知識が足りない
  2. 自分から学ばない姿勢
  3. 慎重にスクールを選ばない
  4. 現実離れした期待
  5. 広告や口コミだけで決める

転職、副業、フリーランスを目指す方に最適なプログラミングスクールTOP3

1位:SAMURAI ENGINEER2位:NEXT Dojo3位:RUNTEQ
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)NEXT Dojoの評判・口コミは?ChatGPTが学べるプログラミングスクールRUNTEQ(ランテック)
オーダーメイドコース:
495,000円~
フリーランスコース:
594,000円~
データサイエンスコース:
594,000円~
Webデザインコース:
66,000円~
転職保証コース:
594,000円~
スタンダードプラン
440,000円
Webエンジニア転職コース:
550,000円
Webエンジニア転職プロコース:
440,000円
転職におすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
転職におすすめ
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
公式サイトでチェック公式サイトでチェック公式サイトでチェック
目次

プログラミングスクールで失敗する受講者の特徴とカモにされる理由

プログラミングスクールで失敗する受講者の特徴とカモにされる理由

プログラミングスクールに通う人々が直面する最大の課題は、教育の質とコストのバランスです。

多くの受講者がカモにされる原因としては、エンジニア転職の難しさと理解不足、受け身の学習姿勢、高額なスクール料金と不透明な価格設定低品質な教育内容、そして独学とスクールでの学習方法の比較に焦点を当てることが重要です。

  • エンジニア転職の難しさと理解不足
  • 受け身の学習姿勢だと失敗し挫折する
  • 高額なスクール料金と不透明な価格設定の罠
  • 低品質な教育内容とプログラミングスクールの評判
  • 独学とスクールでの学習方法の比較

エンジニア転職の難しさと理解不足

エンジニアへの転職は多くの挑戦を伴いますが、プログラミングスクールの受講生はしばしばこれを過小評価しています。理想と現実のギャップに直面し、転職市場での競争が厳しいことを理解していない場合が多いのです。

最新のテクノロジー、プログラミング言語、ソフトウェア開発のトレンドを学ぶことは必須ですが、これらの知識だけでは不十分。実際の業務で求められる実践的な経験や問題解決能力も必要です。

スクールを選ぶ際には、これらのスキルが網羅されているか、業界の専門家から直接学べる環境があるを確認することが肝心です。

さらに、転職後のキャリアパスや目指すポジションに関する具体的なイメージを持つことも大切です。

受け身の学習姿勢だと失敗し挫折する

学習する姿勢はプログラミングスキルの習得に直結します。

受動的な学習では、知識の吸収が不十分になりがちで、これが挫折や学習効率の低下につながります。

一方で、積極的な姿勢を持つ受講生は、疑問を積極的に解消し、実践を通じて深い理解を得ることができます。自己主導でプロジェクトを進めること、教材外の資料を探求すること、また他の受講生や講師と積極的にコミュニケーションを取ることも重要です。

これらの行動は、問題解決能力や批判的思考力の向上につながり、転職市場においても有利に働きます。学習姿勢の改善は、単にスクールでの成功に留まらず、将来のキャリア形成にも大きく影響します

高額なスクール料金と不透明な価格設定の罠

プログラミングスクールの料金は、しばしば受講生にとって大きな負担となります。特に高額なコースでは、その投資に見合った価値が本当にあるのか、慎重な検討が必要です。

料金が高いスクールでは、専門的な講師、充実した学習資料、個別指導などの高品質なサービスを期待することが一般的ですが、実際にはそれらが提供されていないケースもあります。

また、料金体系が不透明であるスクールも少なくなく、追加料金が発生することや、必要なサービスが含まれていないことが後から判明することもあります。

これらの状況は、学習意欲の減退や転職後の経済的負担増につながる可能性があります。したがって、料金の詳細を明確にし、それに見合った価値があるかどうかを判断することが重要です。

低品質な教育内容とプログラミングスクールの評判

プログラミングスクールの中には、教育内容が十分でないところも存在します。これは受講生が期待する高度なプログラミング技術や現場で必要な知識を習得できないという事態に直結します。

教育カリキュラムが古い、講師の質が低い、実践的なプロジェクトが不足しているなど、多くの問題が存在する可能性があります。また、スクールの評判は、将来のキャリアにも影響を及ぼします。低品質なスクール出身者としてのレッテルは、転職活動において不利に働くことがあります。

実際の卒業生の声や、業界内での評判をよく調べ、信頼できる教育機関を選ぶことが肝要です。プログラミングスキルの習得は、時間と労力が必要な投資であるため、質の高い教育が保証されるスクールを選ぶことが非常に重要です。

独学とスクールでの学習方法の比較

独学とプログラミングスクールでの学習は、それぞれにメリットとデメリットがあります。独学は、低コストで柔軟な学習スケジュールが可能であり、自己管理能力が高い人に適しています。

しかし、専門的な指導が受けられないため、学習の方向性を見失いやすいという欠点があります。また、実践的なプロジェクトやチームワークの機会が少ないため、職場で求められる協働スキルの習得が困難です。

一方で、スクールでは専門家による直接的な指導、カリキュラムに基づいた体系的な学習、同じ目標を持つ仲間との交流が可能です。

これにより、効率的かつ実践的な学習が行えるという利点があります。ただし、高い費用や固定されたスケジュールはデメリットとなる場合があります。独学とスクール学習の選択は、個々の学習スタイルや目的、予算などに基づいて慎重に行う必要があります。

どちらの方法も、最終的な目標は高度なプログラミングスキルの習得とキャリアの向上であることを忘れてはなりません。

プログラミングスクール選びで注意すべき5つの特徴

プログラミングスクール選びで注意すべき5つの特徴

プログラミングスクールの選択は、あなたのキャリア構築において非常に重要です。適切なスクールを選ぶことで、スキル習得、キャリアアップ、さらには夢のエンジニア職への扉が開かれます。

しかし、間違った選択をすると、貴重な時間とお金を無駄にすることになりかねません。以下では、スクール選びにおいて重要な5つの特徴について解説します。

  • 学習が可能な範囲と内容を申し込み前にチェックしておこう
  • 就職・キャリア支援サービスの具体的な内容をチェックしておこう
  • 高額な受講料の場合、費用対効果をチェックしよう
  • 無料体験やカウンセリングは必ず受けよう
  • カリキュラムの質と実際のエンジニア需要

学習が可能な範囲と内容を申し込み前にチェックしておこう

プログラミング学習を始める前に、そのスクールが提供する範囲と内容を徹底的に調査しましょう。

プログラミング言語の種類、フレームワーク、実践的なプロジェクトの有無など、学べる内容はスクールによって大きく異なります。

また、初心者から上級者まで対応しているのか、特定の分野に特化しているのかも重要なポイントです。この段階での確認は、後の期待外れを防ぐために不可欠です。

就職・キャリア支援サービスの具体的な内容をチェックしておこう

多くのプログラミングスクールは、就職やキャリア形成を支援するサービスを提供しています。

しかし、サービスの質と内容はスクールによって異なるため、具体的な支援内容を理解することが必須です

例えば、個別のキャリアカウンセリング、業界への推薦、インターンシップの紹介、実際の就職率などを確認しましょう。これらの支援があなたのキャリア目標に合致しているかどうかを見極めることが大切です。

高額な受講料の場合、費用対効果をチェックしよう

プログラミングスクールの受講料はピンからキリまでありますが、高額な場合は特に費用対効果を検討する必要があります

授業の質、提供されるリソース、取得できるスキルセット、就職支援の実績などを比較し、投資する金額に見合った価値があるかを見極めましょう。

また、返金保証や分割払いのオプションがあるかどうかもチェックポイントです。

無料体験やカウンセリングは必ず受けよう

ほとんどのプログラミングスクールは無料の体験授業やカウンセリングを提供しています。

これらの機会を活用することで、スクールの雰囲気、教育方法、教材の質などを実際に体験することができます

また、自分に合った学習環境かどうかを判断するのにも役立ちます。無料のサービスを利用しない手はありません。

カリキュラムの質と実際のエンジニア需要

最後に、カリキュラムの質とその内容が市場の需要と合っているかを確認しましょう。

現場で求められる技術や知識を学べるかどうかは、就職後の成功に直結します

例えば、最新の技術トレンドに対応しているか、実際のプロジェクトに近い環境で学べるかなどがポイントです。また、実際にエンジニアとして働いている講師からの指導が受けられるかどうかも重要です。

これらのポイントを踏まえた上で、あなたに最適なプログラミングスクールを選ぶことが、成功への第一歩となるでしょう。

賢いプログラミングスクールの選び方

賢いプログラミングスクールの選び方

プログラミングスクールの選び方は、自分のキャリア形成において非常に重要な判断です。

適切なスクールを選ぶことで、効率的な学習とキャリアの成功への道が開けます。

ここでは、カモにされず、自分に最適なプログラミングスクールを選ぶためのポイントを詳しく解説します。

スクール運営者の背景と教育理念

プログラミングスクール選びの第一歩は、運営者の背景と教育理念を理解することです。

スクール選びで最も重要なのは、運営者がどのような経歴を持ち、どんな教育理念に基づいてスクールを運営しているのかを知ることです。

例えば、業界経験豊富なエンジニアが運営している場合、実践的なスキルを学べる可能性が高まります。また、教育に対する哲学や目的を理解することで、そのスクールが自分のキャリア目標に合致しているか判断できます。

スクールのウェブサイトや資料には、運営者の経歴や教育理念が記載されていることが多いです。さらに、実際にスクールの卒業生の意見を聞くことも有効です。彼らの経験談は、スクールがどのような環境であるかを理解する上で役立ちます。

複数のスクールを比較して選ぶ

次に、複数のスクールを比較検討することが重要です。

プログラミングスクールには様々なタイプが存在し、教育の質、カリキュラムの内容、コスト、サポート体制などに違いがあります。

これらを比較検討することで、自分に最適なスクールを見つけることが可能になります。

比較する際には、以下の点に注目しましょう:

  • カリキュラム:基礎から応用までバランス良くカバーしているか
  • コストパフォーマンス:受講料と教育内容のバランスが取れているか
  • サポート体制:メンターの質やアフターケアの有無
  • 就職・キャリアサポート:実際の就職実績やアドバイスの質

これらの要素を比較することで、自分にとって最も価値のあるスクールを見つけられます。

無料体験やカウンセリングで自分に合うかで選ぶ

無料体験やカウンセリングを積極的に利用し、自分に合うスクールを見極めることが大切です。

多くのプログラミングスクールは、無料で体験授業やカウンセリングを提供しています。これらを利用することで、スクールの雰囲気、教材の質、講師の指導スタイルを事前に確認できます。

無料体験やカウンセリングでは、以下の点に注目しましょう:

  • 授業の進行方法:理解しやすく、実践的な学習が可能か
  • 講師との相性:講師が親身になって質問に答えてくれるか
  • 他の受講生との交流:受講生同士で学び合える環境があるか

これらのポイントを踏まえ、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことで、効果的な学習と成功したキャリア形成につながるでしょう。

2024年推奨!厳選プログラミングスクール5選と各校の詳細解説

2024年推奨!厳選プログラミングスクール5選と各校の詳細解説

2024年に入り、プログラミングスキルがさらに重要視されています。

ここでは、特に推奨される厳選されたプログラミングスクール5校を紹介し、それぞれの特徴と詳細を解説します。

これらのスクールは、実践的なスキルの習得、就職支援、個別のニーズに対応したカリキュラムなど、多角的な観点から選ばれています。

RUNTEQ (ランテック): 実践的な開発スキルと業界対応力

RUNTEQ(ランテック)

引用:RUNTEQ(ランテック)

受講形式オンライン
コースWebエンジニア転職コース:550,000円
Webエンジニア転職プロコース:440,000円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象
転職サポート自己分析・書類作成サポート・面接練習業界の最新情報の提供
案件獲得サポート
公式サイトhttps://runteq.jp/

RUNTEQは、実践的な開発スキルと業界対応力を兼ね備えたプログラミングスクールです。

現場で活躍するエンジニアによる直接指導が特徴で、現実のプロジェクトに即した学習を提供しています。

RUNTEQは、特にウェブ開発に焦点を当て、最新の技術トレンドに基づいた教育を行っています。生徒は、ポートフォリオ作成を通して、実際の開発環境を経験できます。

DMM WEBCAMP: 広範な就職支援と充実のキャリアカウンセリング

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMP

受講形式オンライン
コース例副業・フリーランスコース:488,400円~
はじめてのプログラミングコース:169,800円~
Webデザインコース:169,800円~
エンジニア転職就業両立コース:889,350円
入学金(税込)
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コース多数
転職サポートヒアリング・自己分析書類添削・面接対策・企業紹介ビジネス研修
案件獲得サポート副業の基礎知識成功ノウハウのカリキュラム現役技術者に質問できる集団相談会
公式サイトhttps://web-camp.io/

DMM WEBCAMPは、その広範な就職支援充実したキャリアカウンセリングで知られています。

特にキャリア変更を目指す大人におすすめのスクールです。

DMM WEBCAMPでは、個々のキャリアプランに合わせた指導が行われ、多様な業界への就職や転職をサポートしています。また、継続的な学習支援として、卒業後も利用できるリソースが提供されています。

UZUZ COLLEGE: 初心者から中級者へのステップアップを重視

UZUZ COLLEGE

引用:UZUZ COLLEGE

受講形式オンライン/完全eラーニング型
コース例JAVAコース:264,000円(税込)
入学金(税込)なし
受講期間6ヶ月
※カリキュラムが修了した場合、その時点で学習支援サービスは終了となります。
転職サポートキャリアカウンセリング
求人紹介
面接対策
公式サイトhttps://uzuz-college.jp/java/

UZUZ COLLEGEは、初心者から中級者へのステップアップに特化しています。

基礎から応用まで、段階的にスキルアップを目指せるカリキュラムが魅力です。特にプログラミング初心者にとって、わかりやすい指導方法実践的な演習がこのスクールの強みです。

学習する言語や技術も、市場の需要に即したものが選ばれています。

SAMURAI ENGINEER: フリーランスエンジニアを目指す人のための特化カリキュラム

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

引用:SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)

受講形式オンライン
コース例オーダーメイドコース:495,000円~
フリーランスコース:594,000円~
データサイエンスコース:594,000円~
Webデザインコース:66,000円~
転職保証コース:594,000円~
入学金(税込)99,000円
リスキリング給付金制度の対象※最大70%(56万円)の補助対象コース多数
転職サポート500以上の求人から紹介エンジニア特化の書類添削企業ごとの面接対策
案件獲得サポートコンペ形式で案件応募実案件への応募・講師サポート
公式サイトhttps://www.sejuku.net/

SAMURAI ENGINEERは、フリーランスエンジニアを目指す人向けの特化したカリキュラムを提供しています。

実践的なプロジェクトワークフリーランスとして活躍するためのノウハウを学べる点が大きな特徴です。

個々のスキルレベルやキャリア目標に合わせた指導で、自律的な学習を促進します。

ポテパンキャンプ: IT業界で即戦力となる高度なスキルを身につける

ポテパンキャンプ

引用:ポテパンキャンプ

転職関連コースRailsキャリアコース:440,000円
転職保証コースRailsキャリアコース
転職支援内容提携企業求人の紹介書類添削・面接練習・キャリア相談卒業後のサポートあり
求人例teamLab、GMO MEDIA、リンクエッジ
公式サイトhttps://camp.potepan.com/

ポテパンキャンプは、IT業界で即戦力となる高度なスキルの習得に注力しているスクールです。

現場のプロフェッショナルによる指導で、実践に即した技術と知識を身につけられます。特にエンジニアとしての高い専門性を求める学生におすすめです。

また、独自の就職支援プログラムを通じて、優れた企業への就職機会を提供しています。

まとめ

プログラミングスクールでカモにされないためには、受講者自身の積極的な学習姿勢と優良なスクール選びが重要です。

多くのケースで、受け身の学習スタンスやスクールの質の低さが失敗の原因となっています。高い学習意欲を持ち、質の高い教育を提供するスクールを選べば、成功の可能性は大きく高まります。

スクール選びにおいては、一つのスクールだけでなく複数のスクールを比較し、無料体験を受けることで自分に合うかどうかをしっかりと判断することが求められます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次