MENU

【初心者向け】プログラミングのおすすめ勉強法7選

当ページのリンクには一部広告が含まれています。
【初心者向け】プログラミングのおすすめ勉強法7選

プログラミングは、今や多くの職業で求められるスキルとなっています。しかし、始める際には何から手をつけて良いか迷うことも多いでしょう。

この記事では、初心者に最適なプログラミングの学習方法を7つ紹介します。オンライン講座から書籍の活用、現場での実践まで、あなたの学習スタイルや目標に合わせた方法を見つけることができるでしょう。

効果的かつ効率的にスキルアップするためのポイントを押さえ、プログラミングの世界への第一歩を踏み出しましょう。

転職、副業、フリーランスを目指す方に最適なプログラミングスクールTOP3

1位:SAMURAI ENGINEER2位:NEXT Dojo3位:RUNTEQ
SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)NEXT Dojoの評判・口コミは?ChatGPTが学べるプログラミングスクールRUNTEQ(ランテック)
オーダーメイドコース:
495,000円~
フリーランスコース:
594,000円~
データサイエンスコース:
594,000円~
Webデザインコース:
66,000円~
転職保証コース:
594,000円~
スタンダードプラン
440,000円
Webエンジニア転職コース:
550,000円
Webエンジニア転職プロコース:
440,000円
転職におすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
フリーランスにおすすめ
スキルアップにおすすめ
転職におすすめ
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
リスキリング給付金制度の対象
※最大70%(56万円)の補助
公式サイトでチェック公式サイトでチェック公式サイトでチェック
目次

プログラミング初心者におすすめする勉強法7選

プログラミング初心者におすすめする勉強法7選

プログラミングは多くの業界で求められるスキルとなっており、初心者が効果的に学び始めるためにはさまざまなアプローチがあります。ここでは、初心者が基礎からしっかりと学ぶことができる、おすすめの勉強法を7つ紹介します。

それぞれの方法は、学習者の環境、時間、予算に応じて選ぶことができますので、自分に最適な方法を見つけて、プログラミングの世界への第一歩を踏み出しましょう。

ビデオ講座で基本から学ぼう

ビデオ講座は、初心者が自宅で手軽にプログラミングを学ぶための最良の方法の一つです。多くのオンラインプラットフォームでは、基本的なプログラミングの概念から始まり、具体的なプログラミング言語の使い方まで、段階的に学べるコースが提供されています。例えば、UdemyCourseraは初心者向けのコースが豊富にあり、ビデオの視聴とともに実際のコーディング演習を通じて知識を定着させることができます。この方法の利点は、自分のペースで学べることと、必要に応じてビデオを繰り返し視聴できることです。

実用書を手に取ってみよう

プログラミングの実用書は、具体的なコード例やプロジェクトを通して学べるため、実践的なスキルを身につけたい初心者には特におすすめです。書籍には、基礎的な文法から始まり、データ構造、アルゴリズム、アプリケーションの開発まで、幅広い知識が網羅されています。**「プログラミング珠玉集」「ヘッドファーストプログラミング」**は、初心者が理解しやすいよう工夫されている点が多く、図解やサンプルコードが豊富で学びやすいと評価されています。

オンラインプログラミングスクールに参加

近年、オンラインプログラミングスクールの人気が高まっています。これらのスクールでは、専門の講師による指導を受けながら、実践的なプログラミングスキルを学ぶことが可能です。例えば、CodecademyfreeCodeCampなどのプラットフォームでは、インタラクティブな学習モジュールを通じて、実際にコードを書きながら学ぶことができます。また、メンターサポートピアレビューがあるため、学習中に直面する問題を迅速に解決できるという大きな利点があります。

実際の教室で学べる対面式スクール

対面式のプログラミングスクールは、直接教師からフィードバックを受けながら学ぶことができるため、効率的に学びたい初心者に適しています。この形式のスクールでは、クラスメートと協力してプロジェクトを進めることが多く、チームワークコミュニケーションスキルも同時に養うことができます。また、実際の業界で求められるプロジェクトベースの学習を経験することで、就職に直結する技術を身につけることが可能です。

海外の大学でプログラミングを深める

海外の大学では、最新のプログラミング技術や研究に触れることができるため、より深い知識を求める初心者には最適な選択肢です。例えば、マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学などの有名大学では、最先端のプログラミングカリキュラムを提供しており、世界中から集まる学生との交流を通じて、多角的な視点を学ぶことができます。この経験は、グローバルな視点を身につけ、国際的なキャリアを築くための大きなステップとなります。

専門学校で専門知識を身につける

専門学校は、特定のプログラミング言語や技術に特化した教育を行っていることが多く、即戦力となる専門スキルを効率的に学びたい初心者には理想的です。専門学校のプログラムは、一般的な大学よりも実践的であり、業界のニーズに応じたカリキュラムが組まれているため、卒業後すぐに職場で活躍することが期待できます。また、インターンシップや実習を通じて、実際の職場での経験を積むことも大きなメリットです。

学習用アプリやWebサービスを使ってみる

プログラミングを学ぶためのアプリやWebサービスは、いつでもどこでも学習を進めることができるため、忙しい生活を送る初心者にとって非常に便利です。Duolingoスタイルのプログラミング学習アプリMimoGrasshopperは、ゲーム感覚で楽しみながら学べる点が魅力です。これらのツールは、通勤中や空いた時間に手軽にアクセスできるため、継続して学習を行うことが可能です。また、これらのプラットフォームは、ユーザーの進捗状況を追跡し、最適な学習計画を提案してくれるため、効率的にスキルアップすることができます。

プログラミングは独学とプログラミングスクールに通うのはどっちがおすすめ?

プログラミングは独学とプログラミングスクールに通うのはどっちがおすすめ?

プログラミング学習方法として「独学」と「プログラミングスクール」がありますが、どちらが適しているかは個人の状況や目標により異なります。これからプログラミング学習を始める方や、学習方法を見直している方のために、それぞれのメリットとデメリットを比較し、選択の手助けをすることが重要です。特に、学習スタイルの適合性、コストと時間の効率、将来のキャリア目標との整合性を考慮することが推奨されます。

自分の学習スタイルを知る

プログラミングを学ぶ上で最も重要なのは、自分の学習スタイルを理解することです。独学は自由度が高く、自分のペースで進めることができますが、自己管理が求められます。反対に、プログラミングスクールはカリキュラムが整っており、定期的な授業や課題があり、学習のリズムを作りやすいです。さらに、講師からの直接的なフィードバックや質問への対応が得られるため、不明点をその場で解消できる大きな利点があります。

コストと時間の比較

プログラミングを学ぶためのコストと時間は重要な検討事項です。独学は書籍やオンラインリソースを利用することが多く、初期コストは抑えられる場合が多いですが、効率的な学習ルートを見つけるのに時間がかかることがあります。一方、プログラミングスクールは学費が必要ですが、効率的な学習カリキュラムを提供しており、短期間で集中的にスキルを身につけることが可能です。時間と費用の両方において、自分の現状と将来の投資としての価値を見極めることが重要です。

将来のキャリア目標に合わせて選ぶ

最終的な選択は、将来のキャリア目標にどのように結びつくかを考慮することが大切です。プログラミングスキルは多くの職種で価値がありますが、特に技術的なポジションや開発者としてのキャリアを目指す場合、プログラミングスクールでの学習が有利な場合があります。ここでは、業界で求められる最新の技術やフレームワークを学べることが大きな利点です。また、スクールでは実践的なプロジェクトを通じて、即戦力となる経験を積むことが可能です。自分が目指す職業に必要なスキルや資格を考慮し、最も効果的な学習方法を選択しましょう。

プログラミング独学で勉強する目安時間

プログラミング独学で勉強する目安時間

プログラミングを独学で学ぶ際には、効果的な学習時間の管理が成功への鍵となります。初心者が挫折せずにスキルを習得するためには、適切な学習時間の設定が重要です。

1日の学習時間の目安

プログラミングの独学においては、毎日の学習時間が非常に重要です。一般的に推奨される1日の学習時間は、最低2時間から3時間です。この時間帯であれば、新しい概念を学びつつ、適度な休息を取ることができ、継続的な学習が可能になります。長時間連続して勉強することは疲労を招くため、30分学習したら5分休憩するなど、時間管理を行うと良いでしょう。また、学習の質を高めるために、集中して学べる時間帯を見つけることが大切です。多くの人にとっては、朝や夜が静かで集中しやすい時間帯かもしれません。

総学習時間とその配分

プログラミングの独学では、総学習時間がどれくらい必要か、そしてその時間をどのように配分するかが重要です。基本的なプログラミングスキルを身につけるためには、少なくとも300〜500時間の投資が求められることが一般的です。この時間を基本的な概念の理解、実践的なコーディング練習、小さなプロジェクト作成に分けて割り当てることが効果的です。たとえば、全学習時間の50%を基礎学習に、30%を実践的な演習に、残りの20%をプロジェクトに挑戦するなどの配分が考えられます。各段階で適宜フィードバックを取り入れることで、学習効果を最大化できます。

長期的なスケジュールの立て方

プログラミングを習得するための長期的な学習スケジュールを立てることは、目標達成への道を明確にする上で役立ちます。スケジュール作成時には、具体的な目標を設定し、それを達成するためのマイルストーンを定めることが重要です。例えば、3ヶ月で基本的なHTMLとCSSをマスターし、次の3ヶ月でJavaScriptの基礎を学ぶ、といった具体的なプランです。また、途中で学習内容の見直しや調整を行うためのレビューポイントを設けることで、より柔軟に対応することができます。このスケジュールは、継続的なモチベーションの維持にも寄与し、学習過程を通じて自己成長を実感することができるでしょう。

これらの指針に従うことで、プログラミングの独学がより効果的かつ楽しいものになるはずです。

初心者が挫折しやすい勉強法とは?

初心者が挫折しやすい勉強法とは?

プログラミングを学び始める多くの初心者が挫折する原因は、効果的でない学習方法にあります。初心者が陥りがちな学習方法には、いくつかの共通点があります。これらを理解し、回避することで、学習の効率を向上させることが可能です。ここでは、特に初心者が挫折しやすい三つの勉強法に焦点を当てて解説します。

理論だけに偏った学習

プログラミングを学ぶ際に理論の知識は必要不可欠ですが、それだけに偏った学習は避けるべきです。理論だけを深く追求すると、実際のコーディングスキルや問題解決能力の向上が遅れがちです。初心者は特に、小さなプロジェクトから始めて、実際に手を動かしながら学ぶことが重要です。実践を通じて得られる経験は、単に理論を学ぶだけでは得られない深い理解につながります。

また、具体的なプロジェクトを通じて学ぶことで、理論の知識をどのように適用するかを学べます。例えば、簡単なウェブアプリケーションを作成することで、HTML、CSS、JavaScriptの基本を実践的に学べます。こうした実践的アプローチは、学習のモチベーションを維持するのにも役立ちます。

無計画な学習スケジュール

学習には計画が不可欠です。特にプログラミングのような広範囲にわたる知識を必要とする分野では、効率的な学習計画を立てることが成功の鍵となります。無計画で学習を進めると、どのトピックにどれだけの時間を割くべきかの見極めが難しくなり、結果的に重要な概念を見落としてしまうことがあります。

学習計画を立てる際には、短期的および長期的な目標を設定し、それに合わせて日々の学習内容を決めることが推奨されます。例えば、1週間ごとに新しいプログラミング言語の概念をマスターすることを目標にするなど、具体的な目標が有効です。さらに、進捗を定期的にチェックし、計画を調整することが重要です。

高難易度の内容からのスタート

プログラミング学習においては、基礎から順に学んでいくことが大切です。高難易度の内容から入ると、基本的な概念が理解できていないために、学習が困難になることがあります。基礎がしっかりと理解できているかを確認しながら、徐々に難易度を上げていくことが効果的です。

初心者はまず、基本的な文法やプログラミングのフローを理解することから始めるべきです。この基礎知識があることで、より複雑な問題に挑戦する際にも適切な方法で対応できるようになります。基礎から始めて、徐々に応用へとステップアップしていくことで、学習の効率と理解度が高まります

目的や働き方に合ったプログラミングの勉強法を選ぼう

目的や働き方に合ったプログラミングの勉強法を選ぼう

プログラミング学習は、個々人の目的や働き方によって最適なアプローチが異なります。プログラミングのスキルは、Web開発からデータ分析、ゲーム制作まで、多岐にわたる分野で応用されています。そのため、自分の将来設計に合わせた学習法を見つけることが非常に重要です。この過程で、自分自身の目標設定を明確にし、それに基づいた学習計画を立てることが成功への鍵となります。また、日々の生活リズムや学習環境、学習スタイルを考慮して、柔軟にカリキュラムを組むことも大切です。こうすることで、学習のモチベーションを維持しやすくなり、効率的にスキルアップを図ることができるでしょう。

自分の目標を明確にする

プログラミング学習を始める際に最も重要なのは、何のために学ぶのかという目的を明確にすることです。目標が具体的であればあるほど、適切な学習リソースの選定や進捗管理がしやすくなります。例えば、フリーランスのWeb開発者を目指す場合は、HTML、CSS、JavaScript、フレームワークなどのWeb技術を集中的に学ぶことが望ましいです。また、データサイエンティストを目指すなら、PythonやR、データベース管理、統計学に重点を置くべきでしょう。目標を設定する際は、将来のキャリアや興味のある分野を詳細に検討し、その上で達成可能な小目標に分割して取り組むことが推奨されます。

柔軟な学習スタイルの採用

プログラミング学習には多様な方法がありますが、自分にとって最適なスタイルを見つけることが重要です。ライフスタイルや学習環境に合わせた柔軟な学習スタイルを採用することで、継続的に学習を進めやすくなります。たとえば、仕事で忙しい社会人は、オンラインの自己学習コースや週末に集中して学べるワークショップを選ぶことが効果的です。また、より構造的な学習が必要な場合は、プログラミングスクールのカリキュラムに従うのも良い選択です。重要なのは、日々のスケジュールに無理なく組み込み、学習を生活の一部として定着させることです。

キャリアに直結する技術の選択

将来的にプログラミングスキルを活かしてキャリアを築きたい場合は、市場価値の高い技術を学ぶことが求められます。例えば、Web開発やアプリ開発では、ReactやAngularといった現代的なフレームワークの理解が必須です。また、AIや機械学習の分野に興味があるなら、Pythonを用いたライブラリの習得が重要です。これらの技術は、求人市場で高い需要があり、学ぶことで多くのキャリアの扉を開くことが可能です。技術選定の際は、最新の業界動向を調査し、将来性や自分の興味・適性を考慮することが大切です。

無料のプログラミング学習サイトで十分?

無料のプログラミング学習サイトで十分?

無料のプログラミング学習サイトは、初心者から経験者まで多くの学習者に利用されています。これらのサイトは、独学でプログラミングを学ぶ際の強力なリソースとなり得ますが、すべてのニーズに応えることはできません。ここでは、これらの無料サイトの有効性について深堀りしてみましょう。

利用できる主な無料サイト

無料で利用できるプログラミング学習サイトには、「Codecademy」、「Khan Academy」、「freecodecamp」といったものがあります。これらのサイトは、ユーザーに対してインタラクティブな学習経験を提供し、HTML、CSS、JavaScriptといった基本的な言語からPythonやJavaといった高度なプログラミング言語に至るまで、幅広いコースをカバーしています。特にfreecodecampは、実践的なプロジェクトを多数含んでおり、実際のプログラミングスキルの向上に役立ちます。

無料サイトの限界点

しかし、無料のプログラミング学習サイトにはいくつかの限界点があります。例えば、専門的なサポートが不足している点や、最新の技術トレンドに追従していないコンテンツがあることです。また、多くのサイトは基本的な内容に焦点を当てており、より高度なプログラミング技術や専門的なニッチな領域をカバーしていないことがあります。これは、深い知識を身につけたい学習者にとっては大きな障壁となる場合があります。

無料リソースの効果的な使い方

無料リソースを効果的に活用するためには、自分の学習目標と現状のスキルレベルを明確にし、それに基づいて最適なリソースを選ぶことが重要です。また、複数のリソースを組み合わせて利用することで、一つのサイトだけでは得られない幅広い知識や技術を学べるでしょう。さらに、学習した内容を実際のプロジェクトに応用することで、理論だけでなく実践的なスキルも身につけることができます。最後に、オンラインのコミュニティやフォーラムに参加して、他の学習者やプロフェッショナルと交流することも大きな助けになります。

無料のプログラミング学習サイトは、多くのメリットを提供しながらもいくつかの限界を持っています。これらのサイトを上手に活用し、自己学習を有効に進めるためには、自分自身で学習の進行を管理し、必要に応じて他の資料やリソースを取り入れる柔軟性が求められます。

プログラミングの勉強を始める際に準備するもの

プログラミングの勉強を始める際に準備するもの

プログラミングの学習を始める際には、いくつかの重要な準備が必要です。これには、適切なハードウェアとソフトウェアの選定、効果的な学習環境の構築、そしてモチベーションの維持が含まれます。これらの準備を怠ると、学習プロセスがスムーズに進まなかったり、途中で挫折する可能性が高くなるため、初心者は特に注意が必要です。

必要なハードウェアとソフトウェア

プログラミングを学び始める前に、最初に必要なのは適切なハードウェアです。基本的には、現代のプログラミング言語はどんな新しいコンピュータでも動作しますが、特定の開発環境やツールを使用する場合、それに見合ったスペックが求められることがあります。例えば、Androidアプリ開発を行う場合、推奨されるRAMは最低でも8GBですが、より複雑なプロジェクトに取り組む場合は16GB以上が望ましいでしょう。

ソフトウェアに関しては、使用するプログラミング言語に応じて適切な開発環境(IDE)とコンパイラが必要です。例えば、Javaを学ぶ場合はEclipseやIntelliJ IDEAといったIDEが有用です。これらのツールはコードの記述、デバッグ、テストを容易にし、学習プロセスを加速します。また、Gitのようなバージョン管理システムを学ぶことも、プロジェクトの管理や協力作業において重要です。

学習するための環境作り

効率的な学習環境を整えることは、プログラミングスキルの習得において非常に重要です。静かで集中できる場所を設定し、必要な書籍や資料を手の届く場所に置くことが推奨されます。また、長時間座り続けることになるので、適切な照明と快適な椅子を用意することも大切です。デュアルモニターセットアップは、一つの画面でコードを書きながらもう一つの画面でリファレンスを見るなど、多任務を効率的にこなすのに役立ちます。

さらに、環境に関しては、デジタルだけでなく物理的な環境も整えることが求められます。適切な気温と通気性を確保し、定期的に休憩を取ることで、長時間の学習でも疲れにくくなります。タイマーを使って、25分学習して5分休憩するポモドーロ・テクニックのような時間管理法を取り入れると、効率が向上します。

モチベーションを保つ方法

プログラミング学習は時に孤独で挑戦的な旅になることがあります。モチベーションを維持するためには、小さな目標を設定し、それを達成するごとに自分を褒めることが重要です。たとえば、一つのプログラムが正しく動作したら、小さなご褒美を与えるなどしてください。また、プログラミングに関連するイベントやミートアップに参加することで、同じ目標を持つ仲間とのネットワークを築くことができます。

さらに、学習の進捗を可視化することもモチベーションの維持に役立ちます。例えば、GitHubに自分のプロジェクトを公開し、定期的にアップデートを行うことで、自分の成長を客観的に評価することができます。これにより、どれだけ進歩しているかが明確になり、学習を続ける動機づけになります。

プログラミング初心者におすすめなプログラミング言語

プログラミング初心者におすすめなプログラミング言語

プログラミングを学び始める際、どの言語を選ぶかは非常に重要です。選択した言語は、学習の効率、理解の深さ、そして将来的に拓けるキャリアの道を大きく左右するからです。現在、多くのプログラミング言語が存在しますが、その中でも特に初心者におすすめの言語をいくつか挙げてみましょう。これらの言語は、学習リソースの豊富さ書きやすさ使用頻度の高さなどの基準で選ばれています。

初心者に優しい言語の選び方

プログラミング言語を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮することが重要です。まず、シンタックスの簡潔さが挙げられます。初心者には、理解しやすく、学習しやすいシンプルな構文の言語が適しています。例えば、Pythonはその読みやすいコードで知られ、初心者が最初に触れる言語として広く推奨されています。次に、豊富な学習資料とコミュニティのサポートが存在するかどうかも重要です。活発なコミュニティは、学習中に遭遇する問題の解決に役立ちます。さらに、実践的な使用例が多いことも、学習の動機付けにつながります。JavaScriptのように、実際のウェブ開発で広く使われている言語は、学んだスキルをすぐに活かすことができるため、学習意欲を高めることができます。

人気の高いプログラミング言語

現在のところ、特に人気のあるプログラミング言語にはPython、JavaScript、Javaがあります。これらの言語は、多くの企業で広く利用されており、求人市場においても高い需要があります。Pythonはその汎用性の高さからデータサイエンス、機械学習、ウェブ開発など幅広い分野で使用されています。JavaScriptはウェブ開発には欠かせない言語であり、フロントエンドからバックエンドまで、ウェブアプリケーションの全域で活用されています。Javaはオブジェクト指向の特徴を持ち、大規模な企業アプリケーションやAndroidアプリ開発に頻繁に使用されています。これらの言語は、初心者がキャリアを考える上で非常に良い選択肢となるでしょう。

将来性を考えた言語選び

プログラミング言語を選ぶ際には、将来のトレンドや技術の進化も考慮に入れる必要があります。例えば、クラウドコンピューティング人工知能モバイルアプリケーション開発が今後さらに重要になると予測されています。これらの分野で需要が高まるであろうPythonやJavaScript、Swiftなどの言語を学ぶことは、長期的な視点で見ても有益です。また、新しい技術が登場することで新たな言語が台頭する可能性もあるため、学習は一度きりのものではなく、継続的なプロセスとなります。技術の進化に対応できるよう、柔軟な学習姿勢を持つことが成功への鍵となります。

プログラミングの勉強法に関するよくある質問

プログラミングの勉強法に関するよくある質問

プログラミングを学び始める際、多くの初心者が直面するのが、「どのように学び進めれば良いか」という問題です。ここでは、よくある質問として、学習の順序、役立つツール、そして効率的な学習のコツについて解説します。

学習する順序について

プログラミングの学習順序は、基礎知識の習得から始めるのが一般的です。プログラミング言語の構文や基本的なコーディング技術、アルゴリズムの理解など、初歩から順を追って学ぶことが重要です。特に、変数、ループ、条件分岐などの基本的な概念をしっかりとマスターすることが、後の学習において非常に役立ちます。プログラミング言語によって特性が異なるため、最初にどの言語を選ぶかが学習の効率を大きく左右します。JavaScriptやPythonなど、初学者に優しいとされる言語から始めるのがおすすめです。

学習に役立つツール

プログラミングを学習する上で役立つツールは数多く存在します。オンラインの開発環境(例えば、Repl.itやGitHub Codespacesなど)を利用すると、環境構築に費やす時間を削減できます。また、インタラクティブな学習プラットフォーム(例えば、CodecademyやfreeCodeCampなど)は、即時フィードバックを得ながら学習を進めることができるため、学習のモチベーションを維持しやすくなります。さらに、Stack OverflowやRedditなどのコミュニティを利用することで、疑問や問題を解決する手助けを受けることができます。

効率的な学習のコツ

効率的に学習するためのコツは、定期的な実践と復習にあります。学んだ知識を定期的に実際のプロジェクトに応用し、何度も繰り返し実践することで、理解を深めることができます。また、小さなプロジェクトを完成させることを目標に設定すると、達成感を得ながらスキルを身につけることが可能です。さらに、エラーに遭遇した際は、それを解決する過程で多くの学びが得られるため、エラーを恐れずにチャレンジすることが重要です。

プログラミングの勉強法まとめ

プログラミングの勉強法まとめ

プログラミングを学ぶ過程は、単に言語やツールを学ぶだけでなく、問題解決能力や論理的思考力を養うことにも繋がります。ここでは、学習法を効果的に進めるための要点をまとめています。

学習を始める際は、自分にとって理解しやすいリソースや方法を選択することが最初のステップです。さらに、目標を設定し、小さな成功を積み重ねることが継続的な学習への鍵となります。例えば、毎日30分だけでもコーディングをする、週に一度は新しいプログラムを試すなど、小さな目標をクリアすることで、大きな進歩につながります。

また、プログラミングの学習は他人との交流から得られることも多いため、オンラインのフォーラムやローカルのミートアップに参加することで、新たな視点やアイデアを得ることができます。最後に、常に最新のトレンドを追いかけ、新しい技術やフレームワークに触れることで、技術的なスキルだけでなく、市場の変化に対応する能力も身につけることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次